Art

ヴィンテージアロハシャツの展覧会が茅ヶ崎市美術館で開催、1950年代に作られた貴重なコレクションも

Image by 茅ヶ崎市美術館
Image by: 茅ヶ崎市美術館

 茅ヶ崎市とホノルル市・郡との姉妹都市締結5周年を記念し、「ヴィンテージアロハシャツの魅力 COLLECTION by SUN SURF」が茅ヶ崎市美術館で開催される。会期は9月12日から11月8日まで。

 展覧会では、アロハシャツブランド「サンサーフ(SUN SURF)」のディレクターで、アロハシャツのコレクターとしても知られる小林亨一のコレクションを紹介。1930年代から1950年代にかけて作られた希少価値の高いヴィンテージアロハシャツを展示するほか、ハワイの歴史やアロハシャツと日本文化の関係などを紐解く。

■ヴィンテージアロハシャツの魅力 COLLECTION by SUN SURF
会期:2020年9月12日(土)~11月8日(日)
休館日:月曜日(9月21日は開館)、9月23日
会場:茅ヶ崎市美術館 展示室1・2・3
住所:神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
料金:一般800円、大学生600円、市内在住65歳以上400円
電話:0467-88-1177
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング