senken plus

「エース」のビジネスリュックが売上好調、マウスやケーブルを収納できる内ポケット付き

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ビジネスリュックが売れている。エースのバッグ&ラゲージブランド「ace.」(エース)の5~7月のビジネスリュックの販売数は前年同期比1.2倍に拡大した。

【関連記事】【ECで売れてます】ヒロタ「ノエラ」 大人っぽく着られるジャンスカ

 好調の理由は、働き方や通勤の環境が急速に変化していることだ。リモートワークなどで常にパソコンを持ち運んだり、密を避けるために自転車通勤や弁当持参が増えたりと、大容量かつ精密機器を持ち運べるリュックの需要が高まった。

 客層も広がっている。コロナ禍を機に「これまでリュックを持つことに躊躇(ちゅうちょ)していたコンサバ層や、得意先や上司に気兼ねしていた様子見層、女性層などにとって、リュックに移行する良いタイミングになった」からだ。

 パソコンなどの精密機器を持ち運ぶため、リュックを選ぶ際のポイントは「機能性」が最優先。耐久性に優れた「ガジェタブルCB」(税込み2万4200円)の販売数は1.8倍、水ぬれに強い「ガジェタブルWR」(2万2000円)は1.3倍と、特に売れている。どちらも15インチのパソコンを収納できるほか、内装ポケットに書類やマウス、電源ケーブルなどを収められる仕様だ。

耐久性に優れた「ガジェタブルCB」は前年同期比1.8倍の売れ行き

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング