FashionPromotion

ドクターマーチンが「1460」8ホール誕生から60年を記念、特集ページを公開

 「ドクターマーチン(Dr.Martens)」が、「1460」8ホールブーツ誕生から60年を記念した特集ページを公開した。

 「1460」8ホールブーツは、1960年4月1日に生産が始まったことに由来する、ドクターマーチンのファーストモデル。当時のドイツの最先端のエンジニアリングとイギリスの伝統的な靴製造の技術を組み合わせて製造された、ブランドのアイコニックなモデルとして知られる。発売当初は主に労働者たちのワークブーツとして認知されていたが、1967年にはバンド「ザ・フー(The Who)」のピート・タウンゼント(Pete Townshend)がドクターマーチンを着用し始めたことで、サブカルチャーや音楽シーンでも取り入れられるようになった。「1460」の一部コレクションは創業時から残るイギリス・ノーサンプトンの工場で今も作られており、イエローステッチ、グルービングソール(ソールの周りに入った独特のエッジ)、ブーツの特徴を謳ったヒー ルタブなどのディテールや素材を変えることなく製造され続けている。

 特集ページでは「1460」8ホールブーツの歴史や製造の裏側、アイテムを取り入れたスナップなどを公開。国籍や年齢に囚われず様々な人々に愛されるアイコンとして「1460」を紹介している。

特集ページ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング