Business

マルイが池袋と静岡の店舗を来年閉鎖へ、売上低迷により

Update:

【2021年7月2日続報】池袋マルイが8月29日に閉店。店頭では閉店セール「さよなら大感謝祭」を実施している。

【2021年3月18日続報】静岡マルイでは、3月19日から閉店日の3月28日まで閉店セール「-ラスト10Days-ありがとうSALE」を開催。アパレルやファッション雑貨、ジュエリー、シューズ、スポーツ用品、生活用品と言った幅広いジャンルのアイテムをセール価格で販売する。

 丸井グループが、「池袋マルイ」を来年8月中に、「静岡マルイ」を来年3月下旬にそれぞれ閉店する。

関連記事
「京都マルイ」2020年5月に閉店、10年間の賃貸契約満了で

マルイのロゴ Image by FASHIONSNAP
マルイのロゴ
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

 池袋マルイは1952年、静岡マルイは1969年にオープン。静岡マルイでは2007年に全館リニューアルし、「リンツ ショコラ カフェ」やフライドポテト専門店「ポメスプロースト」といった県内初出店の店舗を誘致していた。隣接する「静岡モディ」は営業を継続する。 

 閉店について同社の広報担当者は、近隣の大型商業施設との競合などで収益が悪化していたことを理由に挙げている。池袋マルイに関しては、入居ビルの建物が老朽化しており、所有者が建て替えを検討していることなども重なったという。なお、撤退後の入居テナントはそれぞれ未定としている。

こちらもチェック
「渋谷モディ」テナント撤退が相次ぐ、2階フロアはほぼ空きスペースに

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング