京都マルイ退店後の京都住友ビル外観
京都マルイ退店後の京都住友ビル外観
Image by: 住友不動産

Lifestyle

京都マルイのビルが住友不動産運営の新商業施設にリニューアルへ キーテナントは家電のエディオン

京都マルイ退店後の京都住友ビル外観 Image by 住友不動産
京都マルイ退店後の京都住友ビル外観
Image by: 住友不動産

 かつて「四条河原町阪急」や「京都マルイ」が入居していた京都住友ビルが、新商業施設「京都河原町ガーデン」としてリニューアルオープンする。開業時期は2021年4月以降を予定。

 京都住友ビルは、住友不動産が1949年の創業当時から保有する唯一のビル。1976年の建て替え後は四条河原町阪急、2011年から今年5月までは京都マルイが入居し、四条河原町交差点のランドマークとして親しまれてきた。今後は自社商業施設として住友不動産が運営を手掛ける。

 新商業施設の売り場は、地下1階から地上6階までの7フロア構成。立地特性を生かした集客力のあるテナント誘致を進めており、キーテナントには家電量販店「エディオン」が決定している。地上7階から8階までのフロアで現在営業中のフードコートは、テナントの見直しを含め調整中だという。開業後は、店頭での「体験」や「体感」テーマとした消費シーンの創出や、新たなライフスタイルを発信し、地域の活性化に貢献する施設を目指す。

■京都河原町ガーデン
住所:京都市下京区四条河原町東入真町68
敷地面積:3165平方メートル
延床面積:2万9045平方メートル(総売場面積:約1万3500平方メートル)
階数:地上8階、地下3階(売場は地下1階まで)

家電量販サバイバル―週刊東洋経済eビジネス新書No.130
著: 週刊東洋経済編集部、富田 頌子、前田 佳子、渡辺 拓未、山田 泰弘、冨岡 耕、筑紫 祐二、中島 順一郎、渡辺 清治、新藤 真実、宮澤 由美、中野 法子、筒井 幹雄、小林 由依
メーカー: 東洋経済新報社
発売日: 2015/10/09
価格: ¥220(2020/10/14現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング