ADVERTISING

京都マルイ退店後の京都住友ビル外観

Image by: 住友不動産

京都マルイのビルが住友不動産運営の新商業施設にリニューアルへ キーテナントは家電のエディオン

LIFESTYLE

京都マルイ退店後の京都住友ビル外観

Image by: 住友不動産

京都マルイのビルが住友不動産運営の新商業施設にリニューアルへ キーテナントは家電のエディオン

LIFESTYLE

京都マルイ退店後の京都住友ビル外観

Image by: 住友不動産

 かつて「四条河原町阪急」や「京都マルイ」が入居していた京都住友ビルが、新商業施設「京都河原町ガーデン」としてリニューアルオープンする。開業時期は2021年4月以降を予定。

ADVERTISING

 京都住友ビルは、住友不動産が1949年の創業当時から保有する唯一のビル。1976年の建て替え後は四条河原町阪急、2011年から今年5月までは京都マルイが入居し、四条河原町交差点のランドマークとして親しまれてきた。今後は自社商業施設として住友不動産が運営を手掛ける。

 新商業施設の売り場は、地下1階から地上6階までの7フロア構成。立地特性を生かした集客力のあるテナント誘致を進めており、キーテナントには家電量販店「エディオン」が決定している。地上7階から8階までのフロアで現在営業中のフードコートは、テナントの見直しを含め調整中だという。開業後は、店頭での「体験」や「体感」テーマとした消費シーンの創出や、新たなライフスタイルを発信し、地域の活性化に貢献する施設を目指す。

■京都河原町ガーデン
住所:京都市下京区四条河原町東入真町68
敷地面積:3165平方メートル
延床面積:2万9045平方メートル(総売場面積:約1万3500平方メートル)
階数:地上8階、地下3階(売場は地下1階まで)

1

京都マルイ退店後の京都住友ビル外観

Image by: 住友不動産

2

京都河原町ガーデン ロゴ

3

旧京都住友ビル イメージ画像

ADVERTISING

家電量販サバイバル―週刊東洋経済eビジネス新書No.130

家電量販サバイバル―週刊東洋経済eビジネス新書No.130

著: 週刊東洋経済編集部、富田 頌子、前田 佳子、渡辺 拓未、山田 泰弘、冨岡 耕、筑紫 祐二、中島 順一郎、渡辺 清治、新藤 真実、宮澤 由美、中野 法子、筒井 幹雄、小林 由依
メーカー: 東洋経済新報社
発売日: 2015/10/09
価格: ¥220(2020/10/14現在)

SHORT VIDEO

ショートビデオ

LATEST RELATED ARTICLES

最新の関連記事

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

【未経験者活躍中】アパレルブランドのアシスタント職

CRAFSTO

【未経験者活躍中】アパレルブランドのアシスタント職

年収

240万 〜 null万

詳細を見る

ジャーナル

「営業志望の自分がなぜ?」から始まったHRとしてのキャリア ― ビジネスにフォーカスした人事・...

「営業志望の自分がなぜ?」から始まったHRとしてのキャリア ― ビジネスにフォーカスした人事・...

記事を読む

求人

【20代〜30代活躍中】店舗スタッフ

CRAFSTO

【20代〜30代活躍中】店舗スタッフ

年収

240万 〜 499万

詳細を見る

ジャーナル

PUMAが「GLOBAL TOP EMPLOYER IN 2023」を受賞

PUMAが「GLOBAL TOP EMPLOYER IN 2023」を受賞

記事を読む

ジャーナル

医療用ガウンを10万着生産! 職人やデザイナーなど未来のクリエイター発掘も手掛けるベンチャー企...

医療用ガウンを10万着生産! 職人やデザイナーなど未来のクリエイター発掘も手掛けるベンチャー企...

記事を読む

ジャーナル

ホスピタリティ業界にイノベーションを。日本の観光価値を高める新たな挑戦

ホスピタリティ業界にイノベーションを。日本の観光価値を高める新たな挑戦

記事を読む

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント