Image by: Chloé

FashionPromotion

「クロエ」2021年春夏の新作発表 パリの街中を歩くリアルな女性がモデルに

Image by Chloé
Image by: Chloé

 「クロエ(Chloé)」が10月1日、クリエイティブ・ディレクターのナターシャ・ラムゼイ=レヴィ(Natacha Ramsay-Levi)が手掛ける2021年春夏コレクションをパリファッションウィークで発表した。

 2021年春夏コレクションはフィジカルショー形式で発表され、同時に世界に向けてオンラインで生配信された。会場となったパレ・ド・トーキョーでは、2021年春夏の新作コレクションを身に纏ったモデルたちがパリの街角を自由に行き来する映像がリアルタイムでスクリーンに映し出された。モデルたちはパリの街中からパレ・ド・トーキョーの階段へと一人ずつ集まり、フィナーレでは同会場のランウェイをウォーキングするという、デジタル映像とフィジカルが融合した演出となった。

 今シーズンのコレクションタイトルは「A SEASON IN HOPE」。目を引くTシャツやニット、ベルトにあしらわれた大胆なアートワークは、女性ならではの視点で世界情勢をシルクスクリーンアートに映し出したアメリカ人アーティスト コリータ・ケント(Corita Kent)による作品だ。褪せたネオンやブリーチニュートラル、暖かみのあるミネラルカラーを基調に、コリータの作品がプリントやニット、 織りといった手法を用いて、ウェアやアクセサリーのシルエットや表面を彩った。同氏の作品とクロエの数々のシンボルを融合させ、反抗的なフェミニニティの精神を表現したという。

 クロエのオプティミスティックでインディペンデントな女性像は今季も顕在。繊細なヴァランシエンヌレースを施したプリーツクレープドレスやキャミソール、アール・ヌーヴォーのフラワーアップリケをあしらったコットンチュニックなどが軽やかなシルエットを作り出す。それらにスタイリングされた、ロングブレザーやキャンプシャツ、ストーンウォッシュ加工されたギャバジン素材のタックショーツといったボーイッシュなアイテムがエアリーなシルエットを引き締め、 クロエのタイムレスなアティテュードを再解釈した。

 アクセサリーでは、真鍮を彫刻的に仕上げたハードウェア「Chloé Kiss」が新たに登場し、ホーボーやクラッチバッグ、ベルト、ジュエリーなどに様々なサイズであしらわれた。このほか、スムースカーフレザーの筒型バッグ「HAILEY」は馬具を思わせるゴールドのフレームとサイドのドローストリングがあしらわれ、クラシックな「DARIA」バッグや新作のサングラスポーチには、コリータ・ケントのワードアートがプリントされた。なお、2021年春夏コレクションの売上の一部は、コリータ・ケントのレガシーの保管活動を行うNPO団体CORITA ART CENTERに寄付されるという。

【全ルック】「クロエ」2021年春夏コレクション

■クロエ:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング