Kōki,
Kōki,
Image by: Loro Piana

Fashion

ロロ・ピアーナ銀座店にデジタルアートが出現、Kōki,など多彩なゲストが集結

 「ロロ・ピアーナ(Loro Piana)」が、6月1日に新たな旗艦店を銀座に出店した。オープンを記念し、10月16日から10月25日までの期間限定でデジタルアートインスタレーション「An Odyssey of Touch」を開催。一般公開に先駆け、俳優やモデルなど多彩なゲストを招いてプライベートプレビューが行われた。

Kōki, Image by Loro Piana
Kōki,
Image by: Loro Piana
— ADの後に記事が続きます —

 銀座中央通りに位置する「ロロ・ピアーナ 銀座店」は、建築家の⻘⽊淳が設計。銀座の街に溶け込む優美な佇まいで、ブランドのDNAを象徴する店舗デザインとなっている。

 今回のデジタルアートインスタレーションは4階で展開され、3つの作品から構成。ロンドンを拠点に活躍するビジュアルアーティスト ウィアードコア(Weirdcore)が手掛ける同作は、手に触れるという感覚と自然との関係性を探求した実験的な作品となっている。インスタレーション全体を包み込む音楽として坂本龍一の楽曲が使用されており、各作品に割り当てられた⾃然界のサウンドと融合することで、来場者は聴覚からも空間を楽しむことができるという。なお各作品のサウンドは、イギリスのミュージシャンでありプロデューサーのジョン・ゴスリングが担当した。ウィアードコアは同作について「3つのインスタレーションは、⽇本を旅するものとして考えられています。⽇本が誇る、⾮常にシンプルで美しい⾃然、それはロロ・ピアーナの最上級の繊維を⽣み出す⾃然への敬意に通じるものがあります。同時に東京という街の、⼈⼯的、未来的な解釈も表現しました」とコメントしている。

 一般公開に先駆けて行われたプライベートプレビューには、三浦翔平、中村アン、冨永愛、Kōki,、鈴⽊伸之、浅⽥舞、鈴⽊啓太、畑野ひろ⼦など多くのゲストが来場。ロロ・ピアーナの世界観とデジタル技術を組み合わせたインスタレーションを、触覚、視覚、聴覚といった多面的な視点から楽しんだ。

■An Odyssey of Touch」by Weirdcore
会期:2020年10⽉16日(⾦)〜25⽇(⽇)
場所:ロロ・ピアーナ 銀座店4階
住所:東京都中央区銀座 3-5-8
電話番号:03-5579-5181
営業時間:11:00〜20:00
公式サイト

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング