メインヴィジュアル
メインヴィジュアル
Image by: SMALL OBJECTS, LARGE HERITAGE - 大いなる遺産を次へ繋ぐ、小さなオブジェクト

Art

鈴木啓太が代官山T-SITEで個展開催、木全体を共鳴させるサウンドシステムを初披露

メインヴィジュアル Image by SMALL OBJECTS, LARGE HERITAGE - 大いなる遺産を次へ繋ぐ、小さなオブジェクト
メインヴィジュアル
Image by: SMALL OBJECTS, LARGE HERITAGE - 大いなる遺産を次へ繋ぐ、小さなオブジェクト

 プロダクトデザイナーの鈴木啓太が、個展 「SMALL OBJECTS, LARGE HERITAGE - 大いなる遺産を次へ繋ぐ、小さなオブジェクト」を代官山T-SITEで開催する。同展は、東京の街を舞台にしたデザイン&アートフェスティバル「デザイナート トーキョー 2020(DESIGNART TOKYO 2020)」のプログラムの一環として行われ、会期は10月19日から28日まで。

 同展では、鈴木が大切にする「ヘリテージ」に着目。初公開となる木全体を共鳴させるサウンドシステム「KINPEI」や、3Dセラミックスの技術を用いる建築家フランク・ロイド・ライトへのオマージュ作品「TALIASEN ELEMENTS®」、コロナ禍に全国の職人と立ち上げたプロジェクト「ONE FLOWERWARE」の中で制作された花瓶「IWATA WOOD」など、鈴木が近年手掛けた10作品を展示する。

 開催に際して鈴木は「ヘリテージを理解することで、新しいイノベーションが見えてくる。生産過剰な今の世の中だからこそ、物の歴史のなかにずっと残り”次"へと繋がる価値のあるプロダクトを届けたい」とコメントしている。

 鈴木啓太は1982年生まれ。多摩美術大学プロダクトデザイン専攻を卒業後、2012年にPRODUCT DESIGN CENTERを設立。 デイリーアイテムから鉄道車両といった公共の大型プロジェクト、空間デザインまでを手掛ける。2018年に柳宗理記念デザイン研究所で初となる個展を開催し、2019年には「相模鉄道 20000系」がローレル賞2019を受賞した。

■SMALL OBJECTS, LARGE HERITAGE 大いなる遺産を次へ繋ぐ、小さなオブジェクト
会期:2020年10月22日(木)〜2020年11月3日(火・祝)
時間:9:00〜23:00
会場:東京都渋谷区猿楽町 17-5 代官山T-SITE

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング