Beauty

「シャネル N°5」の新ミューズに仏女優マリオン・コティヤールを起用、キャンペーンフィルムに出演

Update:

【2021年3月19日続報】「シャネル N°5」の誕生100周年を記念した新作ムービーを公開。

新ミューズに起用されたマリオン・コティヤール Image by シャネル
新ミューズに起用されたマリオン・コティヤール
Image by: シャネル

 「シャネル(CHANEL)」が、ブランドを象徴する「シャネル N°5」の新ミューズにフランス人女優マリオン・コティヤール(Marion Cotillard)を起用し、キャンペーンフィルムを制作した。現在はティザー映像を公開しており、10月30日に本編を披露する予定だ。

— ADの後に記事が続きます —

 フィルムでは、コティヤールとバレエダンサーのジェレミー・ベランガール(Jeremie Belingard)が月を舞台にダンスを踊る。振り付けはダンサーのライアン・ハフィントン(Ryan Heffington)が手掛け、撮影はミュージックビデオの監督などを務めるヨハン・レンク(Johan Renck)が担当。コティヤールがフィルム内で着用している花と葉の刺繍を施した金色のレースのドレスは、シャネルのアーティスティック ディレクター ヴィルジニー・ヴィアール(Virginie Viard)がフィルムのためにデザインしたもので、パリの手刺繍工房「メゾン ルサージュ(MAISON LESAGE)」の16人の職人が900時間以上かけて制作したという。

こちらもチェック
シャネルのヘア&ボディミストに新作「ココ マドモアゼル ロー プリヴェ」が登場、ナイトタイムの癒しを演出する香り

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング