SEVENTIE TWO

「シセイドウ」がサステイナブルでより美しい世界を実現するため「サステナブル・ビューティー・アクションズ」を始動

SEVENTIE TWO

ファッション&ビューティに特化したインターナショナルメディア

フォローする:

資生堂の岡部義昭 シセイドウ チーフブランドオフィサー
資生堂の岡部義昭 シセイドウ チーフブランドオフィサー

資生堂が世界88の国と地域で展開しているブランド「シセイドウ(SHISEIDO)」は、サステイナブルな活動や製品開発を通じて、ビューティーカンパニーならではの社会価値を創造するグローバル プロジェクト「サステナブル・ビューティー・アクションズ(Sustainable Beauty Actions、以下SBAS)」を始動する。「SBAS」は、「シセイドウ」が提唱するサステイナビリティの考え方である「MOTTAINAI(リサイクルやリユース)」、「HARMONY(社会や環境との調和)」、「EMPATHY(共鳴)」という3つの柱で構成されており、サステイナブルでより美しい世界を実現するための具体的なアクションをそれぞれの柱に沿って行っている。

10月27日に開催したオンライン発表会に登壇した、資生堂の岡部義昭 シセイドウ チーフブランドオフィサーは、「資生堂は企業のビジョンとして『BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD(ビューティーイノベーションでよりよい世界を)』を掲げている。ビューティビジネスそのもので社会課題の解決や人々が心豊かに暮らせるサステイナブルな世界の実現を目指している。現代の社会で重視されるESG、環境、社会、ガバナンスに、当社の強みであるカルチャーを加えた『SBAS』の視点で資生堂のサステナブル・ビューティー・イニシアチブを推進している。それらの大きな全社的な戦略をもとに、我々ブランドに求められていることはアクション、すなわち行動することだ。新たなサステナイナビリティへの取り組みをスタートさせる。それがサステナブル・ビューティー・アクションズだ」と、語った。

11月19日からはブランド初の旗艦店である「シセイドウ グローバル フラッグシップ ストア(SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE)」で、「SBAS」プロジェクトの第一弾として、ブランドを象徴する美容液「アルティミューン パワライジング コンセントレート N」の新ボトルのレフィル(詰め替え)サービス「アルティミューン ファウンテン」を開始する。空になったボトルを持ち込むと、衛生管理された環境下でボトルを洗浄し、徹底した衛生管理のもと、詰め替えが行われる。このサービスは、資生堂が2025年までに100%サステイナブルな容器包装を目指し、環境影響を最小限に抑える活動のひとつでもある。また、化粧品容器用途での使用は世界初となる、カネカ生分解性ポリマー PHBH®を化粧品容器に採用した「アクアジェル リップパレット」を11月1日から同店舗で限定発売する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング