シャンシア公式サイトより
シャンシア公式サイトより

World

エルメスが中国発「シャンシア」の過半数株式を売却、イタリアの投資会社に

シャンシア公式サイトより
シャンシア公式サイトより

 エルメス社が、中国発のライフスタイルブランド「シャンシア(SHANG XIA)」事業の過半数株式を、フェラーリやエコノミスト・グループの株を所有する投資会社エクソール(Exor)に売却すると発表した。

関連記事
エルメスが立ち上げた中国発「シャンシア」とは?副社長に聞く

— ADの後に記事が続きます —

 シャンシアは、アーティスティックディレクター兼CEOのジャン・チョン・アー(Jiang Qiong Er)がエルメス社とともに2009年に設立し、中国の伝統的な技法を取り入れ、モダンに洗練されたデザインが特徴のアイテムを展開。親会社のエルメス社は全株式の95%を所有していた。

 エクソールは今年中に8000万ユーロ(101億円、1ユーロ=126円)の投資を完了するという。これにより、シャンシアはフランスとイタリアそれぞれをルーツとする2つの同族経営の会社からサポートを得る。なお、エルメス社とジャン・チョン・アーは少数株主になる。

こちらもチェック
スンネイが過半数株式を売却、ナヌーシュカのCEOらによる投資ファンドに

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング