「ウォルフォード」2021年春夏コレクションの展示会
「ウォルフォード」2021年春夏コレクションの展示会
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

高価格帯スキンウェア「ウォルフォード」サザビーと契約し21SSから本格再上陸

「ウォルフォード」2021年春夏コレクションの展示会 Image by FASHIONSNAP.COM
「ウォルフォード」2021年春夏コレクションの展示会
Image by: FASHIONSNAP.COM

 オーストリア発「ウォルフォード(Wolford)」が、本格的に再上陸する。2020年12月にサザビーリーグと独占販売契約を締結。2021年春夏シーズンから、本格展開を開始する。

— ADの後に記事が続きます —

 ウォルフォードは、タイツやストッキングといったレッグウェア、ランジェリー、ボディウェアなどの高価格帯スキンウェアを展開するブランド。2017年に日本市場を撤退後は、一部レッグウェアアイテムのみ伊勢丹新宿店限定で取り扱いがあった。

 サザビーリーグと新たに契約を結び、過去に国内でも展開のあったレッグウェアやランジェリーだけでなく、ファッション性の高いレディ・トゥ・ウェアやスイムウェア、アスレジャーアイテム、サステナブルライン「オーロラ」も展開していく予定。価格帯は、レッグウェアが3000円〜7000円、レディ・トゥ・ウェアが1万5000円〜3万円、ランジェリーが1万円〜2万円、ビーチウェアが1万円〜2万円など。

 ウォルフォードは、サステナビリティに注力しているのも特徴。サステナブルライン「オーロラ」では、環境基準に適合した製品に与えられる「Cradle to Cradle Certified™」認証の「生分解性」と「技術的にリサイクル可能」のカテゴリーでゴールド認定されたアイテムを展開。アパレル企業で同認定を得るのはウォルフォードが初めてだったという。

 2021年春夏コレクションはロンハーマン、アデライデ、伊勢丹新宿店のみで取り扱い、2021年秋冬コレクションから国内販路を拡大する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング