ラバーディップ加工のブーツ
ラバーディップ加工のブーツ

senken plus

「キッズ・ラブ・ゲイト」20~30年代の英国の労働者をイメージした新作発売

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

ラバーディップ加工のブーツ
ラバーディップ加工のブーツ
— ADの後に記事が続きます —

 英国を背景にした靴作りを得意とする「キッズ・ラブ・ゲイト」(山本真太郎)は21~22年秋冬、1920~30年代の英国の労働者やギャングからイメージした新作を揃えた。砂利道だった当時を思いながら、ラバーディップ加工やスタッズ飾りのシューズを作った。

【関連記事】《小笠原拓郎の聞かせて&言わせて》キッズ・ラブ・ゲイトをデザインする山本真太郎さん 世界に毒を発信するには、僕には靴しか手段がない

 ラバーディップ加工は、ドレッシーなブーツのつま先部分を赤や白のラバー樹脂に浸したもの。エレガントでシャープなブーツに、ラバーディップで強いムードを加える。一方、サイドゴアブーツのソール部分をラバーディップしたものは、より一層ワイルドな雰囲気になる。価格は7万2000円。

 アッパーにスタッズをびっしりと配したドレスシューズは、カメの甲羅から着想した六角形のスタッズを緻密(ちみつ)に敷き詰めた。ポインテッドトウの色気のある木型の内羽根シューズで、コバを極限まで削り、ヒールも小さくした。そのエレガントなフォルムと立体的なスタッズがあいまって迫力を生み出す。7万6000円。

 秋冬は靴以外にも、ボンテージパンツやロングプルオーバーシャツも作っている。靴とのコーディネートを意識して新アイテムを手掛けた。

スタッズ飾りのドレスシューズ
スタッズ飾りのドレスシューズ

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング