senken plus

アマゾンジャパンが子供のデジタルデバイス利用状況を調査

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

 アマゾンジャパンの調査によると、子供のデジタルデバイスの平均利用時間は、平日は64.1分、休日は95.4分だった。保護者が目標とする時間は平日で39.7分、休日で57.4分。学齢が上がるほど利用時間は増加している。

 子供個人の専用としているデバイスは、「タブレット」(32.7%)、「ゲーム機」(31.9%)、「スマートフォン」(22.8%)の順。

 69.3%の保護者がデジタルデバイスを子どもに渡すことに躊躇(ちゅうちょ)しており、未就学児には「身体的・精神的影響」(68.0%)を心配し、高学年には「コンテンツの適切さ」(47.1%)を懸念している。

 利点は、全体で「子供が飽きずに使い続けられる」(44.5%)、「子供の好奇心が広がった」(42.7%)、「子供が新しいことに興味を持ち出した」(39.6%)の順となった。

■子どものデジタルデバイスの利用と子育てに関する調査 日本全国の20~40代で、3歳から小学校高学年の子供(長子)を持つ男女618人が対象。デジタルデバイスはスマートフォン、タブレット端末、ゲーム機、デスクトップパソコン、ノートパソコン、電子書籍端末、スマートスピーカーを指す。ゲーム機のみの利用及び勉強目的の利用者は除く。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング