ポケモンカードゲーム
ポケモンカードゲーム
Image by: FASHIONSNAP

Culture

ポケモンカードはファッション?通称「ポケカ」が人気を集める理由

ポケモンカードゲーム Image by FASHIONSNAP
ポケモンカードゲーム
Image by: FASHIONSNAP

 トレーディングカードゲーム「ポケモンカードゲーム」、通称ポケカが人気だ。国内では5月28日に発売された「イーブイヒーローズ」に購入者が殺到し、海外ではeBayのオークションで「リザードン」のカードが約3500万円で落札されるなど、グローバルで注目を集めている。このムーブメントについて、ポケカコレクターでメーキャップアーティストの熊本大祐氏は「アート作品と同様にコレクション需要が高まっていることが価値高騰の要因」と説明する。

— ADの後に記事が続きます —

 ポケカは、ポケモンの処女作「ポケットモンスター 赤・緑」がリリースされた8ヶ月後の1996年10月から販売を開始。当時は、ポケカをはじめ遊戯王やデュエル・マスターズなど、トレーディングカードゲームが台頭した時代で、子どもたちの間で人気を集めた。

96年10月に発売された初版パック Image by FASHIONSNAP
96年10月に発売された初版パック Image by FASHIONSNAP

 それから時を経て、2018年にハイクラスパック「GXウルトラシャイニー」が発売。リザードンやレックウザといった人気ポケモンのカードが色違いで入っていたことなどから、販売当日に量販店に行列ができ、メディアに取り上げられたことで大人のコレクターも関心を向けるようになった。

 正規品はポケモンセンターやコンビニ、家電量販店などで販売されているが、現在ポケカBOXはすぐ品薄になってしまい定価で購入することが難しくなっている。そのため、秋葉原のカードラボ、フルコンプ、Bee本舗といった中古カードも扱うショップや、メルカリなどのフリマアプリで活発に取引が行われている。このムーブメントについて小学生時代にポケカの地方大会を勝ち抜いて全国大会に出場した経験を持つ熊本氏は「当時はカードで遊ぶことが目的だったのに対し、今は当時遊んでいた人たちが大人になりお金を持ち始め、懐かしんでカードをコレクションする需要が高まったのではないか」と分析。「赤、緑にはじまり、ソード、シールドまで各世代ごとのモンスターがいる、ということが他のトレーディングカードとの違い。大人から子どもまでが楽しめるポケモンというコンテンツがあってこそ」とポケカの特徴について説明する。

 また、海外限定カードやご当地ピカチュウなど地域に根差したカードがあることも人気の理由の一つ。ご当地ピカチュウでは、特に金沢の和服ピカチュウが海外などで注目を集めている。「ポケカではイラストレーターを80人くらい抱えていて、同じモンスターでも絵のタッチが違ったりとデザインを楽しむことができるのも魅力」とし、通常の絵柄とは違う「スペシャルアート」カードの存在も際立っている。

 イベントなどで配布されたプロモーションカードなど、レアモノ且つ状態がいいものの需要は当然高く、モンスターで言えばピカチュウ、リザードン、イーブイ、ミュウツーが特に人気だ。また、トレーディングカードの真贋鑑定を行う会社PSAのランク付が市場に与える影響も大きいという。

 直近で、5月28日に発売された「イーブイヒーローズ」のBOX(4950円)は、「スペシャルアート」の種類数が過去弾比最大級だったことから、ポケモンセンターのオンラインサイトで行われた先着販売では、サーバーがダウンするほどユーザーが殺到。商品はコンビニなどで取り扱われたが、コンビニによっては店頭にBOXが並ぶのを待つ人の姿も見られた。今後、「パブリック トウキョウ(PUBLIC TOKYO)」とイラストレーター長場雄のトリプルコラボや日本郵政とコラボしたポケモン切手BOXの販売などが控えており、同氏は「ポケモンが今年25周年で、コラボがあったりとまだまだブームは継続すると思う。今年に入り、女の子のトレーナーカードの人気が高まっており、値上がりが続いている」と話している。加えて、コロナで延期となっているが、ポケカの大会「シティリーグ」が復活すれば、一層注目を集めそうだ。

 メーキャップアーティストとしてファッションの仕事も手掛ける同氏は、ポケカはファッションだと強調。「これまでファッションと言えば服だったが、今はスタバやMacの製品など他ジャンルもファッションに内包されるようになった。その中でトレーディングカードは、ファッションメディアが取り上げたり、スニーカーマーケットプレイスのストックエックス(StockX)で取引されたりと、ファッション、もっと言えばアートとして消費されるまでになってきているのではないか」と話している。一方で、現在のブームを手放しで喜べないという。「転売目的で購入する人が多いというのも現実としてある。子どもをはじめとした、本当にポケカが好きな人の手に渡ることが何より望ましい」とし、二次流通市場での高額取引に警鐘を鳴らした。

ポケモンカードゲーム 公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング