大英図書館の展示風景 ©Easy Tiger Creative
大英図書館の展示風景 ©Easy Tiger Creative

Culture

ハリー・ポッターの大規模巡回展が開催決定、ホグワーツ魔法魔術学校の科目に沿った全10章で展示

大英図書館の展示風景 ©Easy Tiger Creative
大英図書館の展示風景 ©Easy Tiger Creative

 新型コロナウイルスの影響により延期されていた展覧会「ハリー・ポッターと魔法の歴史」の開催が決定した。会期は兵庫会場が9月11日から11月7日まで、東京会場が12月18日から2022年3月27日まで。

新型コロナの影響で昨年秋から延期に
展覧会「ハリー・ポッターと魔法の歴史」が兵庫と東京で開催、ホグワーツ魔法学校の科目に沿って展示

— ADの後に記事が続きます —

 同展は、「ハリー・ポッター」と賢者の石の出版20周年を記念してイギリスの大英図書館が企画・開催した「Harry Potter: A History of Magic」の国際巡回展。2017年にロンドン、2018年にアメリカで開催された。なお、大英図書館による大規模な展覧会が日本に巡回するのは今回が初めてとなる。

 会場はホグワーツ魔法魔術学校の科目に沿い、「旅」「魔法薬学」「錬金術」「薬草学」「呪文学」「天文学」「占い学」「闇の魔術に対する防衛術」「魔法生物飼育学」「過去、現在、未来」の全10章で構成。日本初公開となるJ.K.ローリング(J.K.Rowling)の直筆原稿やイラスト版の「ハリー・ポッター」を手掛けたジム・ケイ(Jim Kay)が描いた「『ハリー・ポッターと賢者の石』の9と3/4番線の習作」などを公開するほか、中世に印刷された初の博物学辞典「健康の庭」、錬金術についての論文集「リプリー・スクロール」、レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)による「天体にまつわるメモとスケッチ」といった大英図書館の貴重な所蔵品が並ぶ。

関連記事
ハリー・ポッターのスタジオ施設が2023年開業へ、約3万平方メートルの敷地に映画のセットを設置

■兵庫会場
会場:兵庫県立美術館
住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)
会期:2021年9月11日(土)~11月7日(日)
時間:10:00~18:00(※入場は閉館の30分前まで)
定休日:毎週月曜日(※9月20日は開館、21日は休館)
電話:078-262-1011

■東京会場
会場:東京ステーションギャラリー
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
会期:2021年12月18日(土)~2022年3月27日(日)
時間:10:00~18:00(※金・土曜日は20:00まで。入場は閉館の30分前まで)
定休日:毎週月曜日、12月29日(水)~1月1日(土・祝)、1月11日(火)(※1月10日と3月21日の祝日は開館)
電話:050-5542-8600(ハローダイヤル)
展覧会公式サイト

ハリー・ポッター文庫全19巻セット(箱入)
著: J.K.ローリング
翻訳: 松岡 佑子
メーカー: 静山社
価格: ¥14,234(2021/07/26現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング