「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐メイキング・オブ ハリー・ポッター」イメージ
「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐メイキング・オブ ハリー・ポッター」イメージ
Image by: ワーナー ブラザース ジャパン

Business

ハリー・ポッターのスタジオ施設が2023年開業へ、約3万平方メートルの敷地に映画のセットを設置

「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐メイキング・オブ ハリー・ポッター」イメージ Image by ワーナー ブラザース ジャパン
「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐メイキング・オブ ハリー・ポッター」イメージ
Image by: ワーナー ブラザース ジャパン

 ワーナー ブラザース スタジオツアーズ、ワーナー ブラザース ジャパン、伊藤忠商事、西武鉄道、芙蓉総合リースの5社が、「としまえん」が閉園した跡地の一部敷地で「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐メイキング・オブ ハリー・ポッター(以下、スタジオツアー東京)」を開発するための契約を締結した。スタジオツアー東京の開業は2023年の上半期を予定している。

— ADの後に記事が続きます —

 スタジオツアー東京は、ロンドンに次いで世界で2番目のハリー・ポッターのスタジオ施設となる。施設面積は約3万平方メートルを予定しており、映画「ハリー・ポッター」シリーズの製作者が実際に設計した映画セットを設置し、劇中で使用された衣装や小道具などを展示して映画の舞台裏を演出。「ハリー・ポッター」シリーズと「ファンタスティック・ビースト」シリーズの世界観をより深く知るための仕掛けを用意する。また、施設の入場口前には広場を設け、映画に登場する魔法動物の彫刻を配置する造園エリアを計画。来場者をはじめ、地元住民も楽しめる場所を設計する予定だ。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング