SEVENTIE TWO

「レベッカ・ミンコフ」がヤフーとタッグ NFTコレクションをネット上で発表

SEVENTIE TWO

ファッション&ビューティに特化したインターナショナルメディア

フォローする:

 「レベッカ ミンコフ(Rebecca Minkoff)」は9月10日(現地時間)、ヤフー(Yahoo)の技術提供によって、NFTを介してコレクションを発表した。米国の主要ブランドとしては初となる。「レベッカ・ミンコフ」は2005年、NYでにレベッカ・ミンコフとウリ・ミンコフの兄妹によって設立されたファッションブランドだ。今回ブランドは、AR(拡張現実)に加えてNFTでデジタルバージョンのフォール/ホリデーのルックを公開した。

— ADの後に記事が続きます —

 NFT(Non Fungible Token)とは非代替性トークンと呼ばれ、偽造が不可能な鑑定書や所有証明書付きのデジタルデータのことである。仮想通貨と同じように、ブロックチェーン上で発行及び取引がなされる。これまで、デジタルデータはコピーや偽造が簡単にできてしまうため、その価値を認められていなかったが、NFTの発展により、1点ものであるという価値が生まれ、アートやゲーム、漫画などに価値を持たせることが可能になった。

 今回「レベッカ ミンコフ」はヤフーとタッグを組み、NFTを利用してコレクションを発表した。このプロジェクトはニューヨークファッションウィークのタイミングで公開され、モバイル端末とデスクトップでの利用が可能。ヤフーと「レベッカ・ミンコフ」は視聴者をニューヨークの街をモデルにして作られた抽象的な街の情景に連れていく。視聴者たちは、ニューヨーク人気エリアのソーホー(SOHO)やミッドタウンのようなバーチャルな街を好きなように観光しながら、街中に散在する「レベッカ ミンコフ」の最新のコレクションを身にまとったモデルたちの2Dの写真を見ることができる。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング