SEVENTIE TWO

ティンバーランド、70年代の「アルパイン ハイカー」にインスパイアされたハイキングブーツを発売

SEVENTIE TWO

ファッション&ビューティに特化したインターナショナルメディア

フォローする:

 いよいよトレッキングやハイキングにベストなシーズンが到来した。8月11日が「山の日」に制定され、山頂にこだわらず低山や里山を歩くことを目的にした人も増えている。そんななか、「ティンバーランド(Timberland)」は新たなハイキングブーツを発売した。1978年に発表した「アルパイン ハイカー」にインスパイアされたブーツで、「ティンバーランド」の特徴である「ハードワーク」「革新性」「アウトドアへの情熱」の要素を体現したアイテムに仕上がっている。

— ADの後に記事が続きます —

 「ハイキングブーツ」の大きな特徴は3つある。まず、独自の防水テクノロジーを用いたライナーで補強されているため、雨でぬかるんだ道でも、足をドライに、快適に保つことができる。そして、もうひとつの特徴がイエローとブルーが鮮やかなソールだ。衝撃負荷を軽減するラバーを使用しており、地面との接触面である下側の全面にラグパターンをデザインすることで、急な坂道でもしっかり足元をサポートし、長時間のトレッキングでも快適な履き心地を叶える。もちろんブーツであるから、足首もサポートする。3つ目は、サトウキビとナチュラルラバーの2つの再生可能なバイオベース素材を75%使用した新しいコンフォートソールが搭載されいるため、エココンシャスな1足なのも特徴だ。

 「ハイキング ブーツ」の他にも、スニーカーとアパレルがと同時に発売された。キルティングベストからテクニカルシャツまで、オーガニックコットンと100%リサイクル素材を使用し、快適さと自然の中でのプロテクションを提供するとともに、環境負荷の軽減にも貢献している。「アウトドアへの情熱」を追求する「ティンバーランド」ならではのラインアップになっている。

 9月9日からは、新アイテムの発売に伴ったニューコレクションフェアも開催中だ。「ティンバーランド」伊勢丹新宿PC店、小田急ハルク店、京急百貨店上大岡店にて、新作コレクションをはじめとするシューズやアパレルなど、1万9,800円以上購入で特製折りたたみチェアをプレゼントしている。新コレクションの価格帯は1万1,000円〜1万9,000円。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング