STRAIGHT PRESS

海辺の新しい楽しみ方、2020年に話題を集めた「砂浜図書館」が今秋もオープン

STRAIGHT PRESS

ストレートに発信するメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

⼤洗観光協会は、コロナ禍で夏の海⽔浴開設が中⽌された茨城県⼤洗町の⼤洗サンビーチの砂浜に、10⽉16⽇(⼟)~31⽇(⽇)の期間限定で、2020年に⼤反響を呼んだ「砂浜図書館」を今秋もオープンする。

逆転の発想で誕生

2020年の夏、新型コロナウイルス感染症の影響で、全国各地の海⽔浴場がクローズとなった。そんな中、同協会事業戦略チームでは、「コロナ禍の中でも⼤洗の海を感じることはできないだろうか?」とミーティングを重ね、逆転の発想でこれまで海に訪れ難かった⼈をターゲットに事業を考えた。

「⽇焼けをしたくない」「砂で汚れたくない」「⽔着は着たくない」「でも⾃然に触れたい」その様な人々にも⼤洗の海を感じてもらおうと「砂浜で図書館を開催しよう!」という発想が誕⽣した。

「砂浜図書館」の開館時間は、平⽇11:00~15:00/⼟曜⽇・⽇曜⽇(予約優先)10:00~16:00で参加費は500円。席数はタープ席40席/パラソル席20席だ。

その他の詳細や予約については、「砂浜図書館」公式ページで確認を。

感染対策について

「砂浜図書館」は屋外のイベントで、かつ読書をしに来るので他の⼊館者との⾶沫感染の可能性が低い。また、読書スペース(タープ・パラソル)は隣との距離が5mほど間隔を取っている。

受付も⾮接触のフォームを活⽤し、受付時の検温と⼿指の消毒の徹底、利⽤時のマスクの着⽤、図書エリアもディスタンスを保った制限で案内している。

さらに、使⽤した本・座席は全て返却時に消毒。いばらきアマビエちゃんへの登録も。

公式サイトの他、Instagram、Facebookの「砂浜図書館」公式アカウントでも紹介しているのでチェックしてみて。

TV各局、新聞各社で⼤きく取り上げられた「砂浜図書館」で読書を楽しんでみては。

■砂浜図書館
場所:大洗サンビーチ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング