Video by: © POST-FAKE PROJECT

Media

⽇本発のアートやカルチャーを発信する新プロジェクト始動 写真家の高橋恭司らを紹介

Image by © POST-FAKE PROJECT
Image by: © POST-FAKE PROJECT

 ⽇本発のアートやカルチャーを再定義し、新たなムーブメントを起こすことを目指すメディアプロジェクト「POST-FAKE」が始動した。TOKYO MXでのテレビ放送やYouTubeチャンネル、インスタグラム、ウェブマガジンなど多角的な展開を通じ、日本のアーティストを紹介していくという。

— ADの後に記事が続きます —

 POST-FAKEではファインアート領域のアーティストに限らず、写真家やファッションデザイナー、ゲームクリエイター、イラストレーターなども対象とし、「HOMETOWN」「TURNING POINT」 「TOOL」「TOKYO」「CHALLENGE」など様々な切り⼝から密着取材を⾏うことでアーティストの創造のエッセンスを紐解く。第1弾では写真家の高橋恭司、第2弾ではコラージュアートを用いた表現活動を行うヤビク・エンリケ・ユウジを紹介。今後のラインナップについては順次発表するという。

 コンテンツはYouTubeチャンネルやInstagram、ウェブマガジンで10月11日18時から公開し、TOKYO MXでは10⽉12⽇24時20分から放送を予定。番組ではmillennium paradeなどにも参加している江崎⽂武とermhoiが音楽を手掛け、オープニングやエンディング、番組の挿入音楽などすべてを書き下ろしで制作した。今後は様々なアーティストやトラックメーカーによるリミックスなども起用していく計画だ。

■POST-FAKE:公式サイト

カムイモシリ アイヌ アイヌ民族 遠藤文香 写真家 藝大

関連記事
【続・若き写真家の肖像】藝大デザイン科卒の写真家 遠藤文香が表現するもの

WOrld's End 写真はいつも世界の終わりを続ける
著: 高橋 恭司
編集: ブルーシープ
写真: 高橋 恭司
翻訳: なし
ブランド: ブルーシープ
メーカー: ブルーシープ
発売日: 2019/08/26
価格: ¥4,338(2021/10/11現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング