Image by: KANEBO

Beauty

カネボウが店頭で使用したタブレット端末約900台を寄付 子どもたちがITリテラシーを学ぶ機会を提供

 カネボウ化粧品の「カネボウ(KANEBO)」が、店頭で使用していた使用済みタブレット端末約900台を、児童養護施設や里親家庭などで暮らす子どもたちを支えるNPO法人「ライツオン・チルドレン」に寄付した。寄付されたタブレット端末は賃金化され、児童養護施設などで暮らす高校生以上の子どもたちにパソコンが提供され、ITリテラシーなどの講習会に使用される。支援活動資金としても活用され、社会の中で自立していく子供の可能性を広げるサポートをしていく。

Image by KANEBO
Image by: KANEBO
— ADの後に記事が続きます —

 同ブランドは、「I HOPE.」をブランドメッセージに掲げ、美だけでなく希望を発信するブランドとして、ピンクリボン活動の啓発キャンペーンや、ジェンダーインクルーシブな商品設計などを行ってきた。今回の施策は、子どもたちが生まれた環境に左右されず、社会で生きていく上で必要なスキルの一つであるITリテラシーを学ぶ機会を提供したいという思いから実施する。寄付した約900台のタブレット端末は、日本IBMのリユース事業により賃金化され、ライツオン・チルドレンがその賃金を活用する。

「コアバランス トーニングマスク」

関連記事
「アスレティア」が初のシートマスクを発売 自然由来の保湿成分を97%配合

■カネボウ:公式サイト

世の中を良くして自分も幸福になれる「寄付」のすすめ
著: 近藤 由美
メーカー: 東洋経済新報社
発売日: 2014/05/30
価格: ¥1,320(2021/10/29現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング