Image by: nodo

Fashion

新ブランド「ノード」がデビュー、職人技術を活かした金属製の蝶ネクタイを発売

 プロダクトデザイナーとして活動する薄上紘太郎が、職人技術を装身具に活かす新ブランド「ノード(nodo)」を立ち上げた。ファーストコレクションとして蝶ネクタイシリーズを発表。12月24日から販売を開始し、公式オンラインストアとタカタレムノスのショールームで取り扱う。

Image by nodo
Image by: nodo
— ADの後に記事が続きます —

 ファーストコレクションの蝶ネクタイは、富山県高岡市の鋳物職人の技術を活かし、金属を加工して製作。リボンは鋳造の技術を駆使し、軽量で錆びにくく形状の自由度が高いアルミニウムで製作。ベルトは日本製のシルクを糸の選定から行い、職人が手作業で縫製して仕上げた。鋳造時にあらわれる鋳肌のマットな表情を活かしたブラックモデル(1万6500円)と、鏡面加工で瑞々しい金属の美しさを引き出したシルバーモデル(1万6500円/いずれも税込)の2型をラインナップする。

関連記事
蝶ネクタイのコアントロー 仏デザイナーAlexis Mabilleとコラボ

■nodo ファーストコレクション
発売日:2021年12月24日(金)
取扱店舗:公式オンラインストア、タカタレムノス ショールーム(東京都文京区大塚3-7-14シャノワール文京1階)

Pen (ペン) 「特集:英国の流儀。」〈2019年9/1号〉 [雑誌]
編集: Pen編集部
メーカー: CCCメディアハウス
発売日: 2019/08/16
価格: ¥612(2021/12/22現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング