STRAIGHT PRESS

都心からわずか1時間の非日常リゾート「ホテルインディゴ軽井沢」が開業

STRAIGHT PRESS

ストレートに発信するメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

IHGホテルズ&リゾーツのライフスタイル・ブティックホテルブランド「ホテルインディゴ (HOTEL INDIGO)」の国内2件目となる「ホテルインディゴ軽井沢」が、2月17日(木)に開業する。

「ホテルインディゴ軽井沢」がオープン

自然豊かな軽井沢は、明治時代中期に西洋の宣教師によって魅力を見出され、上流階級や芸術家、知識人の集まる別荘地として発展してきた。さらに近年は、働き方の多様化に伴い、都心からの移住者や二拠点生活者の増加で注目を集めている。

そんな唯一無二の特徴を持つリゾート地・軽井沢に、「ホテルインディゴ軽井沢」がオープンする。

ホテルインディゴは、デザイン、サービス、フード体験などに、ホテル周辺の土地の個性「ネイバーフッドストーリー」を反映し、刺激的な光景、音、味を宿泊体験としてゲストに提供するグローバルブランド。ホテルインディゴ軽井沢は、同ブランドの国内2件目となる。

軽井沢ならではの別荘体験を演出

「ホテルインディゴ軽井沢」は、洗練された文化的なあこがれと好奇心を満たす軽井沢ならではの別荘体験を演出し、ゆったりとした癒しはもちろん、豊かなライフスタイルのためにリチャージできる滞在を提案する。

ホテル建物は、スタイリッシュで迫力がありながらも、軽井沢の自然のぬくもりが感じられるのが特徴。木質素材の80%に「長野県産唐松」を使用することで地域に寄り添い、炭素放出量の低減に貢献しているという。

また、生分解性の自然由来の素材をオペレーションで積極的に使用するなど、プレミアムなゲスト体験とサステナビリティの共存、そして、多様化する価値観に応えるライフスタイルホテルを目指す。

客室デザインは、西洋と東洋が融合した軽井沢エリアの文化に、浅間山に見守られた大自然からのインスピレーションを掛け合わせており、隠れ家のようにゆったりと心地よいスペースになっている。

炭酸泉露天風呂付きの大浴場も

オールデイダイニング「KAGARIBI」は、スタイリッシュな空間で四季折々の軽井沢を心から楽しめる「薪火イタリアン」。宿泊ゲストだけでなく、軽井沢の別荘所有者や食にこだわりがある地元の人たちに、厳選食材を用いたオーセンティックなイタリアンと、薪香る軽井沢の自然が奏でるフード体験を提供する。

施設内には炭酸泉露天風呂付きの大浴場もあり、開放感に身を任せリラックスできる。

さらに、多数の受賞歴をもつタイ発祥の名門スパ「ザ・スパ by HARNN」も併設。ローカル素材を取り入れた、ここでしか体験できないオリジナルトリートメントを受けられる。

詳細は「ホテルインディゴ軽井沢」公式サイトをチェックしよう。

■ホテルインディゴ軽井沢
所在地:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉字屋敷添18番地39
URL:https://www.ihg.com/hotelindigo/hotels/jp/ja/karuizawa/qngka/hoteldetail

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング