Image by: Akanjo_Madagascar

Fashion

クロエが良好な労働環境を確保するためのツールを開発、ファッション業界が社会に与える影響を可視化

 「クロエ(Chloé)」が、自社だけではなくファッション業界全体の活動の社会的影響を測定、評価、視覚化するツール「社会的パフォーマンス&レバレッジ(SP&L)」の開発を発表した。ソーシング戦略や製品デザインに関わるガイダンスを提供することを目的としており、審査が終了次第、ファッション業界全体で活用される。

— ADの後に記事が続きます —

 SP&Lは、クロエ、フランス・モード研究所、フランス国立工芸院による協同プロジェクト。クロエのマニフェストを反映し、ジェンダーに基づく不平等の根絶、および人々にポジティブな影響を与える製品を生み出すという長期的な取り組みを促進する。

 また、SP&Lは良好な労働環境の確保を図るため、「男女平等」「生活賃金」「多様性と包括性」「トレーニング」「福祉」「雇用の質」という6つの指標を採用。この評価法により、自社の従業員だけではなく、サプライヤーに雇用されている労働者も含め、製品に直接関わる人々へ会社が与える影響を可視化することができるという。現在プロジェクトの開発は大詰めを迎えており、今年後半には試験運用を通じて検証を実施。2023年に正式リリースを予定している。

クロエ NAMA 低環境負荷 スニーカー

関連記事
クロエから低環境負荷のスニーカー「NAMA」が登場

ファッション業界大研究[第2版] (業界大研究シリーズ)
著: ファッション&ソフトマーケティング研究会
編集: ファッション&ソフトマーケティング研究会
ブランド: 産学社
メーカー: 産学社
発売日: 2019/12/20
価格: ¥1,870(2022/03/01現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング