QUI

日本発バーバーショップ「MR.BROTHERS CUT CLUB」 海外1号店がLAにオープン

QUI

クリエイティブプラットフォーム

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

2022年3月25日、Mr Brothers Cut Clubは、海外進出1号店をダウンタウンLAにオープン。

2015年に東京・原宿で創業以来、タトゥースタイルとフェードといったアウトローなスタイルで、バーバーショップでの体験やイメージを塗り替えるような、独自のスタイルを確立し、多くの著名人からも指示されてきた。クラシックスタイルの散髪への情熱とヴィンテージのアメリカーナのカルチャーへの敬意から誕生したバーバーショップは、時代を超えたモダンなスタイルと文化を提供してきた。

「10年以上前に見た本場カリフォルニアのバーバーのスタイル、全身にバーバーのモチーフのトラディショナルタトゥー、バリカンを使ったヘアカット、レザーでのクリーナップに衝撃を受けて、2015年、昔から大好きだったアメリカンカルチャーを取り入れたMR.BROTHERS CUT CLUBを原宿に立ち上げました。1号店を立ち上げた当初は、全身タトゥーが入ったバーバーなんて周りから無理だと言われ続けました。今では国内5店舗になりカルチャーとして根付いてきました」と代表の西森友弥は語る。

1店舗目から、ただのバーバーショップではなく、様々なバックグラウンドやカルチャー、ライフスタイルが交差し、共にヘアカットを体験することで、言葉を交わし、他の人と関わる機会が持てるコミュニティ作りを目指してきたMR.BROTHERS CUT CLUB 。店舗での体験や店に対する思いに重きを置き、アート作品、ヴィンテージメモラビリア、音楽に囲まれたトレードマークとなるような刺激的なスペースづくりにも力を入れてきた。

ロサンゼルス・ダウンタウンの中心にある1923年に建てられたビルに位置するLA店は、ミッドセンチュリーのバーバーチェア、オールドスクールなメモラビリアや大正ロマンスタイルのディテール、日本の木彫りの欄間などを使用し、日本の伝統とアメリカのモダンなデザイン要素を盛り混んでいる。店内の壁2面には日本人とアメリカ人アーティストによる作品や写真を展示しており、今後はギャラリーイベントも開催していく予定。

「パンデミックの中でも私達は、リモートカットやメンズカットの教科書の出版、大阪2号店の出店と、挑戦を続けてきました。そしてこのコロナ禍の中で、長いこと夢であった本場アメリカ、ロサンゼルスへの出店も動き出し、それがとうとう形になります。古くから紳士達の情報交換の場として知られるバーバーショップ、そのコンセプトを受け継ぎ、ロサンゼルス店では日本のアートを展示したり、日本のきめ細やかな技術とサービスを紹介しながら盛り上げていきたいと思っています」-MR.BROTHERS CUT CLUB代表、西森友弥多くのゲストで賑わったオープニングイベントには、日本からBACKLASH代表の片山勇、スケーターのElijah、PIZZA NISTA!オーナーのSalman、GOOD ART HLYWD代表のJoshuaや、スケーター、サーファー、メディア、バイカー等、様々な分野の著名人やローカルの著名人が500名程来場し、散髪を楽しむ姿がみられた。

MR.Brothers Cutclub Los Angeles
109 W 9th St Los Angeles, CA 90015 http://mr-brothers-cutclub.com/
@mrbrothers_losangeles

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング