OMOHARAREAL

【花と街】表参道・原宿のフローリストが贈る 街に映えるブーケ:DILIGENCE PARLOUR

OMOHARAREAL

表参道・原宿のインフォメーションメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

青いプリントのブーケが爽やかに表参道に映える

表参道・原宿には花が似合う。有名店から個性あふれるお花屋さんが点在しているためか、花束を持って街を歩く人の姿も珍しくない。その手にブーケがあるだけで、いつも歩く見慣れた景色も違って見える。一方で、表参道・原宿という街のフレームが一層、花の魅力を際立たせてくれるような気がする。花束と表参道・原宿の景色を重ねて、贈る誰かを想像したり飾る場所を考えたり。気持ちを咲かせる、花と街の風景。

気持ちを明るくしてくれる色鮮やかな春のブーケ
Made by:uwa by diligence parlour
at 表参道
at 表参道
Ruban de souvenirs ~bouquet~ 詩とリボンと花のブーケ:4500円
Ruban de souvenirs ~bouquet~ 詩とリボンと花のブーケ:4500円

テーマ:新緑の表参道に映える明るいムードのブーケ

使ったお花:ラナンキュラス・ラックス、ヤマツツジ、バラ、チューリップ 他

コンセプト:「暗いニュースが多い昨今。塞ぎ込んでしまいそうな気持ちを照らしてくれる、明るい色のお花のブーケです。花弁の艶と発色の良いイエローが魅力の春の花、ラナンキュラス・ラックスを中心に、好みや服装をサンプリングして束ねました。表参道の植栽にも咲いているチューリップや、バラなど春の定番の花を入れつつ、黄色や青、暖色と寒色をバランスよく織り交ぜて、季節の変わり目の空気感も感じられる一束です。」

撮影に協力してくれたお店:DILIGENCE PARLOUR(uwa by diligence parlour)

表参道ヒルズB1Fの一角、フローリスト・越智康貴氏が手掛けるフラワーショップ 。uwa by diligence parlourはDILIGENCE PARLOURのフローリスト・浦田典香(うらたふみか)さんによるオリジナルブランドである。オンラインサイト、インスタグラムのDMからオーダーが可能で、浦田さんがお店にいる時なら当日でも対応してくれる。※お店の来客状況にもよるため確認を。

ブーケができるまで:Behind the scenes

枝物のヤマツツジにかけられたリボンと、レースをプリントしたブルーが特徴的な包装紙はuwaのオリジナル。包み紙は広げるとランチョンマットになっており、食卓を彩ってくれるアイテムとして利用可能。お花が飾れるテーブルレイアウトも印刷されているのが小粋で洒落ている。リボンは昨年、ミヤシタパークで刺繍作家・デザイナー田中大資とマリー・アントワネットをテーマにポップアップを開催した際に制作されたもの。

マリー・アントワネットが生きていた当時のパリでは恋人同士でリボンを贈り合う習慣があったらしい。“Tutto a te mi guida”(全てがこの身を御身に導く)という、マリー・アントワネットが愛する人への最後の手紙に添えたとされる言葉を箔でプリント。DILIGENCE PARLOURとはまた違う趣の、フレンチアンティークなブーケが表参道の街に映える。 

ブーケを制作してくれたフローリスト:Florist introduction

浦田 典果(うらた ふみか)
20歳で上京。美容室にて1年半ほど修行し、花屋への転職を考えていた頃たまたま立ち寄った花屋の店主に紹介してもらい、生花最大の市場である大田花市場でのアルバイトがスタート。ディリジェンスパーラー代表の越智とは美容室時代に面識があり、実践販売を考えていた頃に市場で再会しディリジェンスパーラーへ。26歳でオリジナルブランド「uwa by diligenceparlour」を立ち上げ現在に至る。

■DILIGENCE PARLOUR
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10表参道ヒルズB1F
電話:03-6434-7826
営業時間:11:00-21:00(日曜日は20:00)
定休日:表参道ヒルズに準ずる
URL:DILIGENCE PARLOURuwa by diligenceparlour

Photo & Text:Tomohisa Mochizuki

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング