Fashion Tech News

ヒロココシノとのウェアラブルNFTが即完売、メタバースにおけるNFTファッションの可能性

Fashion Tech News

ファッション×テクノロジーを配信するニュースメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

近ごろ「メタバース」「NFT」といったワードが世界的な注目を浴びている。日本のファッション業界でも、ANREALAGEが2022年春夏コレクションで発表した11点のNFT作品が日本初のNFT美術館「NFT鳴門美術館」によって5000万円で落札されたり、トモコイズミがデジタルファッションハウス「Joyfa(ジョイファ)」と協業してブランド初のバーチャルドレスを発表したりと、ファッション業界のNFT参入は加速する一方だ。

そんな中、以前Fashion Tech Newsで紹介したNOBORDER.z FZE(以下 NOBORDER.Z)は、同社が運営するメタバース「XANA(ザナ)」でヒロココシノと協業し、初のウェアラブルNFTを発表、販売した。

そこで、同社のCEOであるRIO TAKESHI KUBO氏に、今回のコラボレーションや、メタバースにおけるNFTファッションについて、お話を伺った。

PROFILE|プロフィール

RIO TAKESHI KUBO
世界的に注目を集めるWeb3型メタバースXANA(ザナ)のファウンダー。ドバイ在住、日本の奈良県出身。ULTRAMAN、鉄腕アトムなどの歴史的タイトルを初のNFTゲーム化、江東区や鳥取県など行政とのコラボレーション、ミラノファッションウィーク、フジサンケイグループなどの主要機関からも採用されるなど世界のメタバース市場をリードするプロジェクトの1つ。
https://twitter.com/XANAMetaverse

ウェアラブルNFT制作の背景

今回のウェアラブルNFT制作は、メタバースの時代に応じて、リアルな世界で人間が毎日服を選び、着るかのように、自分の分身であるアバターを着せ替える時代がやってくるのではないか、という考えのもとに始まりました。

ウェアラブルNFTのデザインは、日本を代表するデザイナーの一人であるコシノヒロコ氏によるものです。「ヒロココシノ 2022年春夏コレクション」を、XANAのチームが現実の服の写真を元にアバターの形に合うように、3DCGに起こす形でリデザインしたものです。

長年グローバルな展開を行ってきたコシノ氏は、次の時代のファッションとしてデジタルファッションへの挑戦を積極的に検討しており、それが今回のコラボレーションのきっかけとなりました。

デザインのディティールには苦心しました。我々の海外チームは日本語をベースとして話さないため、コシノ氏のチームとの言語によるニュアンスの違いや、フィジカルな服とデジタルな服の差異を埋める作業が苦労したところかなと思います。

しかし、外部のデザイナーの方によるデザインに対する細部のこだわりや、意匠が入ったものを作ることは、我々にとってもすごく新鮮な体験でした。

今回制作したウェアラブルNFTは、販売開始から45分で全500NFTが即完売となりました。事前のホワイトリストによると、購入者の多くはXANAのコミュニティーメンバーとなっています。

今回のコラボへの大きな反響には僕たちの方も驚いていて、購入した方もまた、自分が大きなトレンドの一部であることに喜びを感じて下さっていたことが印象的でした。

NOBORDER.z FZEの新しい挑戦

NOBORDER.zでは現在メタバース、NFT領域での新しい挑戦として大きく2つのことを行っています。

1つめはメタバース上でのAIパートナー制作です。AIパートナーとは、メタバース上におけるユーザーの活動をサポートする女性アバターのNFTです。XANAのチームでは現在、このアバターだけではなく、彼女たちに着せるためのウェアラブルNFTを1日40〜50着ほど作っています。NFTに対してNFTでカスタマイズをかけていく時代にも、大きな可能性があると思います。

2つめは誰もがメタバース上で自分のファッションブランドを作れるようなツール開発です。コーディングや3Dツールの活用は今のところ誰にでも出来るわけではありません。そこで、簡単に自分のオリジナルアイテムを作り、NFTとして出品できるようなツールを開発することで、誰もがメタバース上のファッションデザイナーになり、それで生計を立てられるようになることが目標です。

今NFTについてよく知らない人も、ゲームはみなさん普通にするし、ゲーム内での着せ替えやアバターのカスタマイズも一般的ですよね。これがWeb3型のメタバースの時代になったとしても、全てのアイテムがただのデジタルデータではなくて、唯一無二の所有権を証明できる形にグレードアップするだけで、本質的なユーザー体験というのはそこまでは変わらないんです。

ですから、今までゲームの着せ替えはしてきたけど、NFTは全く知らないという方にも実際に利用してもらえるような、簡単で敷居の低いUIやUXにしていきたいと考えています。

僕はメタバースが普段の自分たちの生活の延長になっていくと思っています。たとえば今僕たちが1日の中でスマホを触っている時間はどのくらいでしょうか。長い人だったら2時間くらい触っているのではないでしょうか。今後VRゴーグルが普及してきて、スマホを使う時間がメタバース上での活動に移行してきたらどうでしょうか。メタバースの時間が2時間になって、3時間になって、最終的には半分半分になって、みたいな時代に近づくと思います。

そのため、今のメタバースは伸び代しかないタイミングです。現在それに積極的に取り組むことで、いろんな方々にチャンスが生まれていくような分野だと思います。

関連記事
【知ったか脱却メタバース入門】〜第1話〜NFTとメタバースとVR世界と…… メタバースって結局なんなんだ?

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング