OMOHARAREAL

「週刊少年ジャンプ」とBackside works.のコラボ展示がSH GALLERYで開催

OMOHARAREAL

表参道・原宿のインフォメーションメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

週刊少年ジャンプ初の現代アートコラボ

現代アーティスト・Backside works.の個展「週刊少年」が、SH GALLERYにて開催。2022年11月11日(金)〜11月20日(日)まで。

Backside works.は、ミクストサブカルチャーアート(自称)を掲げる現代アーティスト。福岡を拠点に活動する。1980・90年代のアニメやマンガといったサブカルチャーの影響を受けたBackside works.は、キャンバスへのぺイント、シルクスクリーン、ジクレー、そしてステッカーなどありとあらゆるものを駆使し、想像の中のヒロインをキャンバスに生み出すなど、ミクストメディアの現代アートを制作し「ヒロイン」をコンセプトに描いている

今回の展示「週刊少年」は、Backside works.の「ヒロイン」をモチーフにした現代アート作品と週刊少年ジャンプ(集英社刊)とのコラボレーション展示。週刊少年ジャンプと現代アーティストがこのようなコラボレーションをするのは初の試みとなる。

数多の「ヒーロー」を生み出し日本のサブカルチャーを牽引し続ける「週刊少年ジャンプ」と、80~90年代の漫画・サブカルチャーをバックボーンに「ヒロイン」を現代アートに落とし込むBackside works。ジャパニーズサブカルチャーアートである世界に魅せる豪華なコラボをお見逃しなく。

■画像クレジット
Backside works.
No.36
2022
91cm×66cm×10cm
Mixed-media

■概要
Backside works.「週刊少年」
開催期間:2022年11月11日(金)〜11月20日(日)
時間:12:00-19:00
休廊日:2022年11月16日(水)
場所:SH GALLERY

※お出かけの際はマスク着用の上、こまめな手洗い・手指消毒を行い、混雑する時間帯、日程を避けるなどコロナウィルス感染症対策を十分に行いましょう。

>>EDITOR’S VOICE
SH GALLERYから徒歩約4分の場所にある表参道ヒルズでは、クリスマスイルミネーション「浮遊する光のバルーンツリー」と「濃厚リッチパフェ」が開催中。約1万4,000個のバルーンを使用したイルミネーションと、贅沢な濃厚パフェを、この1年のご褒美に楽しんで。

※敬称略
Text:miwo tsuji

藤本タツキ ルックバック

関連記事
チェンソーマン作者による読切漫画「ルックバック」が話題、奈良美智や村上隆らアーティストからも反響

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング