ADVERTISING

世界 NO.1の写真フェア「パリ・フォト」をレポート

世界 NO.1の写真フェア「パリ・フォト」をレポート

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト
繊研plus

PARIS PHOTO

ADVERTISING

パリという都市は、同じカテゴリーのいくつものイベントを「ウィーク」とか、「シーズン」とかのネーミングで集合化する特技を持っています。

モードでは「パリ・ファッションウィーク」、なんてあらためて言うこともない、ですよね。

例えばシナリオのように「ウィーク」を巡ってみると、ヴァカンス開けの9月のラ・ラントレ(新学期/新年度)はデザインウィークで幕開けし、これにファッションウィーク、そしてコンテンポラリーアートの大型国際フェアが続き、Xマスを感じるあたりから年末年始にかけて「写真」のシーズンとなります。

その代表的なイベントがPARIS PHOTO /「パリ・フォト」。世界 NO.1の写真フェアです。

今年も11月にエッフェル塔の眺めが美しいル・グラン・パレ・エフェメールで開催され、世界的な91のギャラリーとエディターが参加、来場者数(入場は有料)は何と6万5000人(前年比7%増)でした(ちなみにパリ・フォトのオフィシャルカレンダー参加をめざすフォトギャラリーによる、パリ・フォト・オフもあり)。

PARIS PHOTO は、若手から伝説の写真家まで、あの有名な1枚、あるいは幻の1枚とか、予期せぬ1枚とかが待っているラビリンスのようなフェアで、写真のコレクターでなくても興味のある人なら避けて通れない。

来場者数がそれを証明しています。

今年のPARIS PHOTO でのサプライズは、誕生100周年、没後10周年を迎えた米国人写真家 Saul Leiter /ソール・ライターの写真集の出版に合わせて同様の写真を展示していたギャラリー。

いい意味で鳥肌ものでした。

「ソール・ライター」スペルが意外と覚えられない?

そして、「やっぱりこの写真家は凄い!」と駄目押しできた、森山大道の The Tokyo Toilet !

パリのキュレーター界に大ファンが多い写真家だけに、大道トイレは熱い視線を集めていたのでした。

大道トイレ

アメニティも大道トイレ

Ruth Orkin
Bike Trip, USA, 1939

Fondation Henri Cartier-Bresson
フォンダシオン アンリ・カルティエ=ブレッソン
17歳、アメリカ横断自転車の旅
@FondationHCB

FHCBが20周年を迎えました。カルティエ=ブレッソンが南仏イエールで撮った1枚Henri Cartier-Bresson, Hyères, France, 1932© Fondation Henri Cartier-Bresson / Magnum Photos

前述のソール・ライターのフランスにおける初のレトロスペクティブを開催したのが、フォンダシオン ・アンリ・カルティエ=ブレッソン/FHCB でした。現在はマレにあるFHCBがまだ14区にあった2008年のこと。

今年で20周年を迎えたFHCBでは、米国人写真家ルース・オーキン(1921ー1985)のフランス初の展覧会 Bike Trip, USA,1939 が開催されています。

1939年、当時ロサンジェルスに住んでいた17歳のオーキンは、単独で自転車でニューヨークへ旅立とうと決意。

唯一の旅の友である自転車を風景を囲むフレームのように見立てながら写真を撮り、それを今で言うInstagramのように訪れた都市のローカル紙に発表しながら、どんどん知名度をあげゴールのニューヨークに到着するというストーリー仕立ての展示で、見ている方もどんどんエキサイトしてくるという、これまでにない写真展体験となるのです。

ルース・オーキンBay from Coit Tower, Treasure Island at left, San Francisco, 1938 © 2023 Ruth Orkin Photo Archive

STILL LIFE
Stephan Vanfleteren

Galerie Rabouan Moussion
11, rue Pastourelle  75003 Paris

マレ(パリ3区)のギャルリー・ラブアン・ムシオンで開催中のベルギー人写真家ステファン・ファンフラーンデレンのフランス初の展覧会もこれまでにない体験を目で吸収できた。

鳥、馬、狼、魚、、、自然に暮らす動物たちが被写体なのですが、それはすべて命を失った姿なのです。

でも、剥製ではありません。

ステファン・ファンフラーンデレンは、自動車事故の人的災害や自然死した動物たちの最後を、天におくりだす前に、最も美しくしてあげます。

自然光の中でまるで絵を描くようにモデル/被写体と動物たちと会話をしながら、時間をかけて絵/写真にする。

彼の場合、その仕事空間は「スタジオ」ではなく、芸術家の「アトリエ」。

フランドル派の画家の精神を持つ写真家に思えます。

ステファンはフランスではまだ知名度がないのですが、母国ベルギーでは大変著名な写真家だと聞いていたのすが、

その通り、パリ・フォトに合わせて開かれた同展のレセプションはベルギー人が会場から溢れるほど。

例えベルギーからの応援がなくても、この写真展STILL LIFEはパリで高い評価を得て、開催が延長されました。

マレの「アトリエ」で動物たちと会話は24年1月13日まで。

Cygne, 2016, 102x139cm, Nature Morte (Still Life) © Stephan Vanfleteren

ELLIOTT ERWITT
エリオット・アーウィット

1928-2023

1947年、パリ。アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロバート・キャパ、ジョージ・ロジャー、そしてデヴッド・シーモアが創設した者フォトエージェンシー、MAGNUM PHOTOS / マグナム・フォト。

この「世界最高の写真家集団」の最古参、エリオット・アーウィットが11月29日、マンハッタンの自宅で亡くなりました。95歳でした。

ロバート・キャパに誘われ、1953年、25歳でマグナムのメンバーに。

政治、セレブ、モード、広告、旅行とあらゆるジャンルですばらしい作品を残しています。

生活のために写真を撮り、それを楽しんでいた、と本人は語っていたそう。

「愉快な人になることに、真面目な人以上に真面目だった」と自分自身をコメントするアーウィット。

とてもユーモアのある言葉を残している写真家ですが、彼を有名にした犬の写真への発言がとてもいい。

「犬は驚くべき「人間」だ。しかもとっても魅力的で、何より写真プリントに文句言わない」

「犬は髪の毛のたくさん生えた人間」

アーウィットは「犬語」を話しながら犬を撮っていたとか。

彼は米国人写真家ですが、生まれはパリ。

今年、マイヨール美術館で開かれたアーウィットの回顧展が、現在リヨンで開催されています。

そして亡くなる1か月前に、非政府組織国境なき記者団 / Reporters Sans Frontières (本拠地/パリ)から、ジャーナリストの自由を目的とした、アーウィットの写真集が発売されました。

パリとアーウィットを繋ぐ、偶然なのでしょうか。

たくさんの幸せを届けてくれた、この偉大な写真家のご冥福を祈ります。

@magnumphotos

SFからアーウィットのアルバムCouverture de l'Album n_74, 100 photos pour la liberté de la presse, Elliott Erwitt / Magnum Photos

New York, États-Unis, 1953 © Elliott Erwitt / Magnum Photos

New York, États-Unis, 2000 © Elliott Erwitt / Magnum Photos

それではまた、アビアント!

松井孝予
(今はなき)リクルート・フロムエー、雑誌Switchを経て渡仏。パリで学業に専念、2004年から繊研新聞社パリ通信員。ソムリエになった気分でフレンチ小料理に合うワインを選ぶのが日課。ジャックラッセルテリア(もちろん犬)の家族ライカ家と同居。

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

セールススペシャリスト

Chloé

セールススペシャリスト

年収

450万 〜

詳細を見る

ジャーナル

人気美容クリエイターとのコラボが話題の「ピンクフルデー」。Z世代の心を掴む、福岡ソフトバンクホ...

人気美容クリエイターとのコラボが話題の「ピンクフルデー」。Z世代の心を掴む、福岡ソフトバンクホ...

記事を読む

求人

クライアントアドバイザー

GUCCI

クライアントアドバイザー

年収

350万 〜 500万

詳細を見る

ジャーナル

「糸島から必要とされる地域商社でありたい」。こだわりの明太子や特産品を提案する、やますえが目指す未来

「糸島から必要とされる地域商社でありたい」。こだわりの明太子や特産品を提案する、やますえが目指す未来

記事を読む

ジャーナル

【4/20~5/5開催】アークテリクス初のブランド・エクスペリエンスイベント「ARC’TERY...

【4/20~5/5開催】アークテリクス初のブランド・エクスペリエンスイベント「ARC’TERY...

記事を読む

ジャーナル

借金生活から、現在は国内外に10店舗!人気コーヒー専門店「REC COFFEE」の成功の軌跡

借金生活から、現在は国内外に10店舗!人気コーヒー専門店「REC COFFEE」の成功の軌跡

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

コラボ

【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

IROHA GRAND HOTEL 【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

詳細を見る

コラボ

瀬戸焼ブランド「m.m.d.」と一緒に、付加価値のあるものづくりをしたい企業様、ク...

m.m.d. 瀬戸焼ブランド「m.m.d.」と一緒に、付加価値のあるものづくりをしたい企業様、ク...

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント