ADVERTISING

日本はデジタルファッションの先進国となりうる?「DRAUP」創設者が語る、デジタルデザイナー育成の現在

日本はデジタルファッションの先進国となりうる?「DRAUP」創設者が語る、デジタルデザイナー育成の現在

ファッション×テクノロジーを配信するニュースメディア
Fashion Tech News

デジタルファッションプラットフォーム「DRAUP(ドロップ)」をご存知だろうか? Dani Loftus(ダニ・ロフタス)という名の起業家が立ち上げたプロジェクトで、彼女のこれまでの輝かしいデジタルファッション業界でのキャリアも相まって、その言動に注目を集めている。

ADVERTISING

日本との交流も深く、AIアーティストでNFTプロジェクト「新星ギャルバース」の共同創設者でもある草野 絵美氏とのコラボレーションによるAR作品が、東京都現代美術館のショーケースの一部として展示されている。

2023年には、DRAUPとVERTICALの共同でデジタルファッションの教育プログラム「レジデンシープログラム」を立ち上げ、デジタルファッション領域でのデザイナーの育成にも力を入れている。デジタルファッションの未来に向けて活動を進める彼女は、何を見据えて行動しているのか。

今回は、DRAUPの創設者であるDani Loftusさんに、DRAUPの概要やレジデンシープログラム、業界の今後の展望について話を伺った。

PROFILE|プロフィール

Dani Loftus(ダニ・ロフタス)

2020年、ブログ「This Outfit Does Not Exist」を通じて、初のデジタルファッションインフルエンサーとしてデジタルファッション界でのキャリアをスタート。その後、デジタルファッション専門の投資集団「RED DAO」のメンバーとなり、自身のデジタルファッションプラットフォーム「DRAUP」を設立。

DRAUPがデジタルデザイナーを育成する背景

DRAUPは「デジタルファッションプラットフォーム」として、デジタルファッションデザイナーのコレクションを販売することを目的として立ち上げられた。

一方で、デジタルファッション市場はまだ発展途上であるため、現時点ではDaniさん自ら、作品の製作を行って業界の発展に貢献している。

たとえば、最初のコレクションは、著名なデジタルアーティストであるNicolas Sassoon(ニコラス・サッスーン)とのコラボレーションで製作され、直近だとボクセル・アーティストのPatternbase(パターンベース)とのコラボレーションで、世界初のデジタル・シェイプウエア・コレクションを発表した。

このようにデジタルファッションの作品製作を進めているなか、なぜデジタルデザイナーの教育プログラムを開始したのか。

「私たちのプログラムの目的は、才能あるデジタルデザイナーにデジタルファッションの領域で成功するためのツールと機会を与えることで、彼らのキャリアをスタートさせることでした。

私は、ファッション業界の高い参入障壁が、新しいデザイナーの参入を妨げていて、デジタルファッションがこの問題を解決する道だと考えています。

目的を達成するために、幅広い分野をカバーする多種多様なクラス(30時間以上の授業)を提供しています」とDaniさんは語る。

DRAUPのレジデンシープログラムは、応募総数139名の中から11ヶ国25名のデジタルファッションデザイナーを選出し、デジタルファッション界のリーダーたちから8週間の集中トレーニングを受け、ロンドンで開催された展示会と最終作品のオークションで幕を閉じた。

DRAUP初の試みとなったレジデンシープログラム。終えてみて、DRAUPとしてはどのような学びがあったのか。

「このプログラムを必要としている人たちが、どれだけいるのかを知ることができたのは、私たちにとって大きな喜びでした。

プログラムが始まると、参加しているデザイナー間でコミュニティが形成され、その多くが現在も連絡を取り合い、コラボレーションを続けていることに深く感銘を受けました」

デジタルデザイナーとしてのスキルを学ぶだけでなく、同じ志を持った仲間と出会い、交流を深めることができたのは、今後のキャリアにとっても大きなプラスとなるだろう。

Dani Loftusの見据えるデジタルファッションの未来

DRAUPを通して業界の発展に貢献しているDaniさんだが、デジタルファッション業界が今後どのように発展していくことを望んでいるのだろうか。

「これはとても素敵な質問で、私もよく考えることです。第一に、世界中からより多くのクリエイターがこの業界に入ってくることを望んでいます。 住んでいる場所や物質的な資源の問題で、伝統的なファッションの世界に入ることができなかったクリエイターたちが、デジタルファッションの領域でスキルを発揮し、成功を収めることができるようにしたいと思っています。

また、物理的なファッションよりも、さらに革新的な服を作る、デジタルならではのファッションも見てみたいです。具体的には、重力や素材のルールに合わせる必要のない服、着る人や見る人の感情を呼び起こす服です。

最後に、私たちの仕事と、デジタル媒体を昇華させるあらゆる方法を理解し、評価してくれるコミュニティがもっと広がってほしいと思っています。これはDRAUPのモットーであり、コードはクチュールになりうるということです。

クチュールメゾンに要求されるような高度な技術がデジタルファッションにも要求され、時には何百時間もの労力の産物であることを、ファッション消費者が理解できるような世界が実現すれば、私たちはこの分野を大きく前進させたと言えるでしょう」

DRAUPは、デジタルファッションをフィジカルな(物理的な)ファッションの代替ではなく、デジタルならではの可能性を広げていき、デジタルファッション自体の価値を高めていくといった思想を持っていて、他のデジタルファッションプロジェクトとは一線を画す。

「デジタルファッションで良い」ではなく「デジタルファッションが良い」となれば、今後デジタルファッション領域のニーズも高まっていくのではないだろうか。

日本はデジタルファッションの開花に最適な場所

前述の通り、Daniさんは日本との交流が深く、日本人アーティストとのコラボレーションも積極的に行っている。彼女はなぜ、日本に関心を持っているのか。

「私は日本のファッションの大ファンです。Junya Watanabe、Rei Kawakubo、Jun Takahashiなどのデザイナーから、常にインスピレーションを受けています。

4年前、私がデジタルファッションのキャリアをスタートさせたばかりで、まだメジャーなブランドがこの業界に参入していなかった頃から、私はすでに日本がデジタルファッションの開花に最適な場所だと考えていました。

アニミズムにまつわる日本の哲学、アイドル文化、マンガやビデオゲームの普及、そしてハイテクとファッションの両方において先進的な日本は、デジタルファッションの発展にとってもっとも有望な場所のひとつです。

 すでに何人かのデジタルファッションデザイナーが素晴らしい仕事をしていて、たとえば、伝統的なオートクチュールの経験をデジタルファッションの世界に取り入れているKay Akiko、デジタル&フィジカル両方のデザイナーであるKanji Kyoda、そしてもちろん、DRAUPが東京都現代美術館で2024年3月まで開催しているショーケース「Neural Fad - AI Dreams Nostalgia」でコラボレーションした草野 絵美もそのひとりです」

DRAUPが2024年3月まで東京都現代美術館で開催されたショーケース「Neural Fad - AI Dreams Nostalgia」でコラボレーションした草野絵美もその一人だ。

このように、Daniさんは日本にデジタルファッション先進国としての可能性を感じていて、実現のためには、今後、日本でデジタルファッションに関わる人を増やしていくことが必要だ。

最後にDaniさんは、デジタルファッションに関心を持つ日本の読者に語った。

「私のニュースレター『This Outfit Does Not Exist』やインスタグラムは、デジタルファッションに興味を持っている人たちを掘り起こし、世界を変えようとしているクリエイターたちにスポットライトを当てることを目指しています。

また、私たちがレジデンシープログラムで教えた内容も、すべてオンラインで見ることができます。

デジタルファッションの作品を着ることに興味がある人がいたら、ぜひDRAUPをフォローしてコンタクトを取ってください。エキサイティングなプロジェクトがいくつか控えていますし、私たちの作品が日本のスタイルで着用されることにとても関心があります」

デジタルファッションの領域に足を踏み入れる第一歩として、DaniさんのニュースレターやDRAUPの動向を引き続きチェックするのはいかがだろうか。

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

店舗販売スタッフ

Christian Louboutin

店舗販売スタッフ

詳細を見る

ジャーナル

大阪から福岡へ移住した販売員が語る!福岡での生活・仕事・職場環境のリアル

大阪から福岡へ移住した販売員が語る!福岡での生活・仕事・職場環境のリアル

記事を読む

求人

CS/ECサイト運営(ファッション/コスメ/健康・美容商材)

tiit tokyo

CS/ECサイト運営(ファッション/コスメ/健康・美容商材)

詳細を見る

ジャーナル

【4/19(金)から】LVMHジャパンが「東京レインボープライド 2024」にブースを出展&レ...

【4/19(金)から】LVMHジャパンが「東京レインボープライド 2024」にブースを出展&レ...

記事を読む

ジャーナル

「Öffen(オッフェン)」と「Ameri VINTAGE(アメリヴィンテージ)」、アップサイ...

「Öffen(オッフェン)」と「Ameri VINTAGE(アメリヴィンテージ)」、アップサイ...

記事を読む

ジャーナル

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

ZEPPELIN ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

詳細を見る

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント