お買いモノ

一体型や骨伝導など...今ゲットしたいBluetoothイヤホン15選

 ここ数年で有線に代わって主流となったワイヤレスタイプのイヤホン。ケーブルがなく通勤・通学時はもちろんのこと、ランニングなどの運動や家事の際にもストレスフリーで便利なアイテムです。最近では種類も様々で、「実際どれがいいの?」と迷っている人も多いはず。今回はおしゃれなデザインのものから機能面を充実させたものまで、オススメのBluetoothイヤホンを紹介します。

— ADの後に記事が続きます —

目次
イヤホンの種類にはどんなものがあるの?
ワイヤレスイヤホンといえばこれ、定番の一体タイプ
スマートでファッショナブル、トレンドの独立タイプ
安定感で選ぶ、ネックバンドタイプ
最先端を行く人にオススメ、骨伝導タイプ
番外編、アクセサリーとしても使えるウェアラブルタイプ

イヤホンの種類にはどんなものがあるの?

一体タイプ

 ビギナーにオススメなのがワイヤレスイヤホンの原型とも言える一体タイプ。使用していない時も首の後ろにかけておけるので、出し入れする必要がなく日常使いに便利です。様々なブランドが出しており、低価格なものからハイエンドまで選べる幅が広いのも特徴です。

独立タイプ

 AirPodsの登場により一躍トレンドとなった独立タイプ。左右のイヤホンがケーブルでつながれておらず、「完全ワイヤレスイヤホン」などとも呼ばれています。コンパクトかつ軽量、耳につけていても目立たないのでファッションの邪魔をしないのもポイント。ただし、そのコンパクトさから紛失するリスクが高いので要注意です。

ネックバンドタイプ

 一体タイプに近い形ですが、こちらはイヤホンのコード部分が幅広のバンドになっています。肩にしっかりと乗り、安定した装着が可能。バンド部分に大容量のバッテリーを搭載できるので、長時間使用できるのも魅力です。機能性が高いものが多く、音にもこだわりたい人にオススメです。

骨伝導タイプ

 ガジェット好きに人気なのが骨伝導タイプ。頭蓋骨を振動させて直接脳に音を伝えることができる骨伝導技術を採用しており、耳を塞がないのでストレスも少なく、周囲の音も同時に聴くことができるのが特徴です。路上でも安全に使用することができます。

ワイヤレスイヤホンといえばこれ、定番の一体タイプ

BeatsX¥10,780

 一体型のワイヤレスイヤホンといえばこれでしょう。全ての原型と言っても過言ではないほど浸透した形で、機能性も申し分ないので迷ったらこれを買えばOKなアイテムです。サカイ(sacai)とのコラボレーション以降ファッションアイテムとしても再評価された気がします。

SHURE ワイヤレスイヤホン BT1シリーズ SE215 Special Edition¥14,900

 1925年に設立された音響メーカー シュア(SHURE)によるBluetoothイヤホン。イヤパッドが耳栓のような低反発素材になっていて周囲の雑音を最大37dBまでカットしてくれます。ノイズキャンセリング機能と違って自然に雑音をブロックしてくれるので、違和感なく聞こえるのがポイントです。

JVC HA-FX28W-W¥2,900

 なんでもいいからとにかく安いものが欲しい!そんな方にオススメなのがJVCの「HA-FX28W-W」。今年2月に発売したばかりのニューモデルで、余計なデザインがなく初めての人でも使いやすいです。溝形状により絡みにくい「グルーヴケーブル」を採用しているので、バッグやポケットから取り出す時のイライラもありません。

スマートでファッショナブル、トレンドの独立タイプ

Powerbeats Pro¥24,34

 やはりワイヤレスはビーツが強し。独立タイプの「Powerbeats Pro」もシンプルかつ高性能で人気が高いです。最長再生時間はBeatsXよりも長い9時間。充電ケースを使用した場合は24時間以上も再生することができます。調整可能なイヤーフックでぴったりと耳にフィットし、耐汗/防沫仕様で激しいワークアウトにも対応してくれます。モーション加速度センサーがワークアウトしていない時間を感知して自動的にスリープモードに切り替えてくれて、イヤーバッドを耳に戻すだけですぐに音楽がスタート。アスリート向けの1品です。

Bang & Olufsen Beoplay E8 2.0¥29,900

 デンマークのオーディオブランド「バング&オルフセン(Bang & Olufsen)」の完全ワイヤレスイヤホン 「Beoplay E8 2.0」。音質と機能性は言わずもがな、何と言ってもこの高級感のあるデザインが他の商品とは一線を画しています。宝石のようなイヤホンとレザーを施したスタイリッシュな充電ケースは、バング&オルフセンのクラフトマンシップがあふれる仕上がり。

SONY WF-1000XM3¥25,818

 紅白出場でも話題になったバンド キングヌー(King Gnu)が出演するCMでおなじみのソニー「WF-1000XM3」。業界最高とも言われる圧倒的なノイズキャンセリング性能と、完全ワイヤレス初のハイレゾ相当の高音質を楽しむことができます。音楽を聴きながら、「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」に切り替えることも可能なので、周囲の音に注意したいシーンでも使えます。

Padmate Pamu Slide¥14,300

 「パッドメイト(Padmate)」が、海外のクラウドファンディングサービス「インディーゴーゴー(Indiegogo)」でイヤホンカテゴリー歴代最高金額となる593万ドル(約6億3千万円)を調達した、グローバルで話題のイヤホン。スライド式充電ケースはワイヤレス充電バッテリー機能も搭載、いざという時にスマートフォンを簡単にワイヤレス充電できます。

AG TWS02R¥8,480

 オーディオブランド ファイナル(final)を擁するエスネクスト(S'NEXT)から新たなブランド「エージー(AG)」が登場。充電ケースを使えば最大39時間もの再生が可能で、充電を忘れがちな人にもオススメです。カラーバリエーション豊富で、1万円以下で買えるコスパの高さも嬉しいポイント。

defunc TrueGO¥6,980

 スウェーデンに拠点を置く「デファンク(defunc)」の完全ワイヤレスイヤホン 「TrueGO」。北欧ならではのミニマルなデザインとマットなカラーリングで、ファッション性も高いです。装着は耳に押し込まず、軽く置く、または引っ掛けるイメージ。カナル型が苦手という人にもオススメです。

安定感で選ぶ、ネックバンドタイプ

SONY WI-C600N¥15,000

 ソニーのワイヤレスといえばこれを想像する人も多いのではないでしょうか。ボタン一つで周囲の音を分析し、3つのモードから最適なものに切り替わる「AIノイズキャンセリング」対応で、環境に合わせて効果的にノイズを低減してくれます。シリコン製のネックバンドが首回りに優しくフィットするので、長時間のリスニングも快適です。

Anker Soundcore Life NC¥8,999

 モバイルバッテリーや急速充電器などでおなじみの「アンカー(Anker)」による音響ブランド「Soundcore」。ノイズキャンセリングモード時は最大10時間、標準モード時は最大15時間と、最長クラスの連続再生が可能です。比較的安価ですがハイレゾにも対応しており、性能もバッチリ。

Bose SoundWear Companion speaker¥24,889

 こちらはちょっと変わり種。サカナクション山口一郎さんが2018年のベストバイにあげていたボーズ(Bose)のウェアラブルネックスピーカーです。一見固そうに見えますが、自由に調整できる形状固定ワイヤーが入っており、表面はソフトタッチのシリコンを採用しているので首回りにぴったりフィットします。

最先端を行く人にオススメ、骨伝導タイプ

AfterShokz Aeropex¥19,998

 業界随一の骨伝導ヘッドホンブランド「アフターショックス(AfterShokz)」のAeropexは、前世代Airより音漏れを50%減少。音漏れが気になる骨伝導タイプの中でも最大限音漏れを防いでくれます。また、水深1mの水中に30分水没させても耐えられる防水仕様になっているので、雨中のランニングでもへっちゃら。軽くシャワーを浴びながら音楽を聴く楽しみ方もありますね。

BoCo BT-5 BT-5 CL1002¥16,500

 耳たぶの上の軟骨を挟むタイプ。骨伝導デバイスとして世界最高級の再生帯域4Hz~40,000Hzのデバイスを搭載しており、インナー型のイヤホンに比べて音質が劣る骨伝導イヤホンの中でも高音質を楽しめます。また、別売りのパーツを使えば耳の裏から音を伝えるフックタイプにも変更可能。自分好みのリスニングスタイルを選べます。

番外編、アクセサリーとしても使えるウェアラブルタイプ

BOSE FRAMES RONDO¥25,400

 こちらも山口さんが2019年のベストバイとしてあげていたサングラス型のウェアラブルスピーカー。骨伝導ではないですが、耳を塞がない音響ガジェットです。ボーズは面白いアイテム作りますね。レンズはメガネ屋さんでカスタムしてくれるところもあるようで、某家電量販店の売り場で度入りメガネにカスタムした店員さんが「ぶっちゃけ音楽を聴きながら接客していてもお客様に気づかれませんよ(笑)」と、冗談交じりに接客トークを展開していました。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング