お買いモノ

保湿?香り重視?目的別のおすすめボディソープまとめ

 スキンケアというと顔周りのことを気にしがちですが、ボディへのケアもとても大切。クリームやオイルを塗って保湿することも重要ですが、その前に毎日使うボディソープを見直してみては?乾燥肌や敏感肌の方に優しいタイプと、心地よい香りが特徴的なタイプの2つにわけておすすめの商品をご紹介します。

— ADの後に記事が続きます —

肌への優しさを重視したい方向け

 敏感な肌のバリア機能を守りながら汚れを洗い流す「ミノン(MINON)」のボディソープは、全身用で髪の毛や顔にも使用することができます。しっとりとした洗い上がりが特徴で、乾燥に悩んでいる方におすすめです。

 「キュレル(Curel)」のボディソープは、泡で出てくるのでタオルなどを使わず手で全身を優しく洗いたい方にぴったり。肌の必須成分「セラミド」を守りながら肌荒れの原因となる汗や汚れをすっきり洗い流してくれます。

 うるおい成分「しその葉エキス」を配合したユースキンのボディソープ。乾燥してカサついた肌や刺激に弱い肌を労ってしっかり保湿してくれます。

 乾燥した肌にセラミドを与え、肌に残して洗う「セラミド保持処方」を採用した「ケアセラ(CareCera)」のボディソープ。「キュレル」のボディソープと同様に泡で出てくるので、全身を包み込むように優しく洗い上げてください。

香りを重視したい方向け

 「デオコ(DEOCO)」の薬用ボディクレンズはニオイのメカニズムを解明し、気になる体臭や汗臭を取り除き、スウィートフローラルの優しい香りで全身を包み込んでくれます。また古い角質を除去してくれ、透明感のある肌を叶えてくれる商品です。

 ハワイの「ジャスミン」をメインとした上品な香りが全身を包み込む「メルサボン(Mellsavon)」のボディソープ。ココナッツオイル、ハイビスカスエキス、アサイーエキスといった美容成分を配合し、お肌への優しさも◎。

 ナチュラルなホワイトソープの香りでリラックスでき、もっちりとした濃密泡の洗い心地も抜群。シアバター、ヒアルロン酸、コラーゲン配合で保湿効果も期待できます。

 「マシェリ(MACHERIE)」のボディソープは、汗などの不快なにおいを、甘くさわやかなフローラルフルーティの心地よい香りに変化させてくれます。香水よりも優しいさり気ない香りをまといたい方におすすめです。

※表示価格は全て各サイトにおける販売価格を反映しています。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング