お買いモノ

インテリアのカラーアクセントに、おしゃれでインパクトのあるクッション10選

 インテリアにアクセントがほしい、彩をプラスしたい、クッションはそんな時にぴったりなインテリアアイテム。ソファに置くもよし、ダイニングチェアの背もたれに置くもよし、床にそのまま置くもよし。どこに置いてもスペースを取らないため、狭いお部屋でも気軽に取り入れられるアイテムです。今回はインテリアのアクセントになってくれる、おしゃれでインパクトのあるクッションを10デザインピックアップしました。

— ADの後に記事が続きます —

 マルチカラーでお部屋にプラスするのにぴったりなのが「ジ エルダー ステイツマン(THE ELDER STATESMAN)」のクッション。カシミア100%の手織りなので、肌触りも抜群。インテリアのワンポイントとしてだけでなく、カシミアの肌触りが癒しを与えてくれます。1つひとつに色合いのばらつきがあり、同じ商品でも世界に1つだけの個性が感じられる点もおすすめポイント。

 地中海にインスパイアされたカラーパレットや、印象的なパターンが魅力のクッションは「ミッソーニ・ホーム(MISSONI HOME)」のもの。特徴的なジグザグジャガードをフリンジエッジで仕上げた、異国なおしゃれさが楽しめるアイテムです。ソファにポップな色合いをプラスしたいなら、おすすめ。

 「ゲルゲイ・アーデイ(GERGEI ERDEI)」のオレンジクッションには、ラーを守ったとされる古代エジプトの猫の女神バステトがモチーフに。デザイナーの神話に対する愛情が反映された、ユニークでポップなクッション。ソファに飾ればポップさだけでなく、どこか神秘的な雰囲気が味わえるはず。クッション素材はリネン100%と、シェイプを保つダックフェザー100%を使用。

 お部屋に雰囲気を醸し出すこと間違いなし「グッチ(GUCCI)」のレッドクッション。タータンチェックのウールブレンド素材には、プレイフルなロゴと尻尾を追いかけるユニークなモチーフがあしらわれています。表面がレッドに対し、背面はブルーのモアレ仕上げ。1つプラスするだけで、一気にお部屋の雰囲気が変わりそう。

 なかなか見かけることのない個性的なカラーが特徴の「レ・オットマン(Les Ottomans)」のクッション。インドネシアの伝統的な染色技術であるイカットにインスピレーションを得たエスニックなデザインです。絶妙な色合いのターコイズにワンポイントとなるレッド、そして色合いを引き立てるパターンとシルクベルベットの素材が一押しポイント。

 優雅な雰囲気を演出してくれる「タレー・マルモ(Taller Marmo)」のフレームオレンジ「ガーデン」クッション。華やかでロマンチックなデザインが、ブランドらしさを詰め込んでいます。背面は光沢あるパープルサテンで仕上がっているため、気分を変えたい時は背面側を向けて。差し色にぴったりなクッションです。

 ひと目みて「ヴェルサーチェ(Versace)」らしさが感じられるクッションには、1990年代に初登場したシグネチャーのバロックプリントがあしらわれています。エッジにはたっぷりのフリンジを施し、メイン部分には光沢のあるシルクツイルを使用。お部屋に置くことで、雰囲気を一変させるほどのゴージャスな存在感を放つこと間違いなし。

 モノトーンのビッグプリントでモードな存在感を放ってくれるのが「フォルナセッティ(Fornasetti)」のSilenceクッション。アートやモダンなインテリアがお好きな方にぴったりの、個性的なデザインがポイント。表面と背面で印象が全く異なるため、雰囲気に変えて使い分けてみて。

 「セレッティ(Seletti)」のフェザークッションは、彩度高めのインパクトあるデザイン。フォトプリントなので、なんともリアルさを感じます。ホワイトを基調としたお部屋に置くと、モードでモダンな雰囲気を演出できるおしゃれアイテム。

 インテリアデザインとしても人気ペイズリー柄のクッションは、「レ・オットマン(Les Ottomans)」のもの。目を凝らして見たくなるような細かいペイズリー柄は、1つひとつ鮮やかな色合いで描かれています。魔法の絨毯のようなデザインが、エキゾチックな印象。シルク100%なので、肌触りも抜群です。

※表示価格は全て各サイトにおける掲載時の販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング