Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

輪郭やパーツから"似合うテイスト"を分析、話題の顔タイプ診断とは?

Image by FASHIONSNAP.COM
Image by: FASHIONSNAP.COM

 ファッションやコスメを探す参考として、"似合う色"がわかるパーソナルカラー診断や、"似合うシルエット"がわかる骨格診断を見かけることが増えました。そんな中、最近じわじわと注目を集めているのが「顔タイプ診断®︎」。顔タイプにはどんな種類があるのか?診断結果からは何がわかるのか?そして身だしなみにどう活かしたら良いのか?顔タイプ診断®︎を考案した日本顔タイプ診断協会代表理事の岡田実子さんに教えてもらいました。

教えてくれたのは

岡田実子さん一般社団法人日本顔タイプ診断協会代表理事。化粧品販売の仕事を経験し、メイクだけではなく色やファッションまでトータルに女性の魅力を引き出したいという思いから、カラースクール、イメージコンサルタントスクールなど7つのスクールに通い、2005年にイメージコンサルタントとして銀座に個人レッスンサロンを設立した。のべ5000名以上の診断やプロデュースをするうちに「顔」によって似合う服が違うことに気がつき、顔タイプ診断を独自に考案。2016年にイメージコンサルタントプロ養成スクール「HAPPY SPIRAL Academy」を開校し、翌年に一般社団法人日本顔タイプ診断協会を設立した。著書に「顔タイプ診断®で見つかる本当に似合う服」があり、11月に新著「自分史上最高のキレイが手に入る顔タイプメイク®」を発売した。

顔タイプ診断®︎とは?

 顔タイプ診断®︎では、顔の形や立体感、パーツのバランスに加え、顔の輪郭やパーツで直線と曲線のどちらが多いかというポイントから、魅力を引き立てるファッションのテイストが分かります。顔タイプの種類は「キュート」「アクティブキュート」「フレッシュ」「クールカジュアル」「フェミニン」「クール」「エレガント」「ソフトエレガント」の全8タイプ。それぞれ得意・不得意な服のテイストがあるので、自分のタイプが分かると魅力を最大限に活かす服装を選ぶヒントになります。

【岡田さんのコメント】

イメージコンサルタントとして仕事をしていく中で、肌の色から考えるパーソナルカラー診断、体の形から考える骨格診断はあったのに、第一印象に最も影響を与えると言われている"顔"をベースにした診断が無いな、と思ったんです。それで自分がコンサルティングした方々の顔を分類していって、顔タイプ診断を体系化しました。

顔タイプの診断方法

 顔タイプの診断方法は、プロの顔タイプアドバイザーによるカウンセリングと、ネットや書籍などに載っている顔タイプ診断用の設問に答えていく簡易的なセルフ診断の2種類があり、顔タイプ診断®︎のサイトにもセルフ診断のページが用意されています。

■顔タイプ診断®︎ で見つかる本当に似合う服:特設ページ

 セルフ診断をする際のポイントは「客観的に自分の顔を見ること」。自分だけで診断すると、どうしてもなりたいイメージの願望が入ってしまうものです。岡田さんのおすすめは、友達など複数人で顔を比べながらチェックしていく方法。比較しながらチェックすることで、輪郭やパーツについて客観的に判断できるようになるそうです。

あなたは大人顔?子ども顔? 8つの顔タイプ

 顔タイプでは、キュート、アクティブキュート、フレッシュ、クールカジュアルの4タイプが比較的パーツの曲線が多い「子ども顔」、フェミニン、クール、エレガント、ソフトエレガントの4タイプが直線的なパーツが多い「大人顔」に分類されます。8タイプ別の特徴や似合う&苦手なテイストを紹介。

キュート

<特徴>
・子ども顔
・丸顔
・パーツが丸みを帯びている

 全体的に曲線を帯びているパーツで構成しているため可愛らしい印象で、実際の年齢よりも若く見られることが多いタイプ。

<似合う服装・苦手な服装>
 シフォン素材のスカートや柔らかい印象のアイテムが得意ですが、シャープな印象の服やボーイッシュな服装は不得意で、見た目が若く見える分年齢を重ねた際の服選びが難しいとのこと。シャツは丸襟や袖にボリュームのあるものなど、どこかに曲線を取り入れると違和感なく着こなせます。

アクティブキュート

<特徴>
・子ども顔
・丸顔
・目が大きく、目力がある

 キュートタイプよりも目や口などのパーツが大きめで、活動的で親しみやすい印象なのがアクティブキュートタイプ。ノーマルなキュートタイプよりも若干大人っぽい雰囲気なのが特徴です。

<似合う服装・苦手な服装>
 服装ではギャザーやフリル、ビジューなどディテールが凝ったトップスが得意。パイソン柄などかっこいい印象のものは着こなしが難しいですが、大ぶりの花柄やドットなど曲線的で華やかな柄が似合います。

フレッシュ

<特徴>
・子ども顔
・丸顔もしくは横幅のあるベース型
・パーツが小さめで、直線と曲線のミックス

 爽やかなイメージで、親近感もあるので高感度が高いことが多いというフレッシュタイプ。

<似合う服装・苦手な服装>
 シンプルで身体のラインが出ないカジュアルなものが得意な一方で、デコラディブなデザインや個性的なアイテムは苦手です。靴はスニーカーやローヒールのパンプスなど、アクセサリーは小ぶりでシンプルなものが似合うそう。

クールカジュアル

<特徴>
・子ども顔
・顔の輪郭はベース型、逆三角、面長
・パーツは平面的で直線的なものが多い

 顔の長さが短めで子どもっぽさがありつつ、直線的なパーツが多いことからクールな印象を兼ね備えているのがクールカジュアルタイプ。

<似合う服装・苦手な服装>
 服装ではカジュアルやボーイッシュな雰囲気が似合います。フェミニンなものは苦手なので、スタイリングに取り入れるのは一点だけにするなど注意が必要です。

フェミニン

<特徴>
・大人顔
・卵型、面長
・目鼻立ちは標準〜立体的
・パーツは丸みがあり、大きさは普通〜大きめ

 フェミニンタイプは顔の型は長さがあり、大人っぽい印象であることに加え、パーツの丸みによって柔らかな雰囲気を持っています。

<似合う服装・苦手な服装>
 ブラウスやレース系のアイテム、フレアスカートなど女性らしいものが得意です。身体のラインが出るコーディネートも魅力を引き出すのに最適。反対に、カジュアルすぎるものや全身をマニッシュなアイテムで揃えようとすると違和感が生じてしまいます。

 

クール

<特徴>
・大人顔
・卵型、面長、縦長のベース型
・パーツは標準〜立体的、直線的で骨っぽさがある

 全体的に骨っぽく、輪郭やパーツの直線が目立つため、シャープな雰囲気を持っています。「可愛い」よりも「美人」と言われがちなタイプ。

<似合う服装・苦手な服装>
 ワイシャツやVネックなどデザインに直線的な要素がある服が得意で、カッコよく着こなすことができます。一方でフリルをふんだんに使ったものやギンガムチェックなど可愛らしいアイテムは顔のクールな雰囲気とのズレが目立ってしまいます。

 

エレガント

<特徴>
・大人顔
・卵型、面長、縦長のベース型
・パーツは標準〜立体的、曲線と直線がミックス
・目や口などのパーツが大きめ

 顔に長さがあり、直線と曲線の要素を兼ね備えています。全体的に上品で華やか、落ち着いた印象に見られ、女優に多いタイプ。

<似合う服装・苦手な服装>
 大きめの花柄など派手な柄が得意で、華やかな雰囲気の服装が◎。シンプルすぎたり、全身をカジュアルなアイテムで統一すると違和感が出てしまいます。

  

ソフトエレガント

<特徴>
・大人顔
・卵型、面長、縦長のベース型
・パーツは標準〜立体的、どこかに直線的な要素がある
・目や口は小さめ

 フェミニンタイプとクールタイプの両方の特徴を併せ持ったタイプ。パーツが控えめなため上品な雰囲気で、大人顔のタイプの中では比較的万人に好印象を与えやすいのだそう。

<似合う服装・苦手な服装>
 シンプルでありながら品の良いブラウス、落ち着いたフレアスカート、ハリのあるすっきりとしたパンツなどが似合います。

■プロに診てもらうメリット

 顔タイプアドバイザーによる診断では、顔写真を使ってパーツの間隔を計測した細かい数値を使ってより正確に診断します。また、なりたい見た目や服装が自分のタイプと真逆だった...という場合に、どうやったら理想に近づけることができるのか、具体的なスタイリング例や服の選び方を聞くことができます。服選びのポイントや、どのブランド・ショップに自分に似合うアイテムが多いのかなどを聞いてみましょう。

【岡田さんのコメント】
顔タイプアドバイザーの講座では、私が長年のファッション動向リサーチの経験から分類した数十ブランド分のテイスト分析データを使っています。例えば、ブランドAはクール、ブランドBはキュートに似合う服は多いなど、アドバイザーはこのような実践的な知識を使って、その人それぞれに似合うテイストを一緒に考えてくれます。

「なりたい理想像」が似合わなくても大丈夫!

 各タイプに得意、不得意な服装があるものの、岡田さん曰く"着てはいけないもの"は無いそう。不得意なアイテムを着たい場合は、服の3大要素である素材、色、デザインの一部を得意なテイストに変えると違和感が緩和されて似合うに近づけることができます。例えば、クールタイプはフリル付きのブラウスは苦手ですが、ハリのある素材かつブラックなどシャープな印象のカラーを選べば顔タイプとのズレが軽減し、見た目の雰囲気が調和するとのこと。顔タイプ診断で自分の得意と不得意を把握すれば、よりファッションを楽しむことができます。

【岡田さんのコメント】

パーソナルカラー診断などが広まってきた中で、少し残念だなと思うのが、「ブルベだからこのアイシャドウは似合わないと言われてしまった」という風に自分のタイプに捉われすぎてしまうことです。アイテム単体では診断では不得意とされるものでも組み合わせ次第で似合わせることはできるので、診断結果と自分の好みのタイプが違くても落ち込まずにファッションを楽しんでくださいね。

日本顔タイプ診断協会

顔タイプ診断(R) で見つかる本当に似合う服
著: 岡田実子
メーカー: かんき出版
発売日: 2019/01/17
価格: ¥1,386(2020/12/15現在)

骨格診断(R)と髪質診断で見つける もっと似合う髪型の法則
著: 森本のり子
メーカー: 日本文芸社
発売日: 2017/04/21
価格: ¥1,287(2020/12/15現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング