Fashion まとめ

【まとめ】若手デザイナーの未来を支援するファッションアワード21選

 ファッションデザイナーを目指すからには川久保玲、山本耀司、三宅一生らのように世界で活躍したい若手も少なくはないことでしょう。そんな若手を支援するために国内をはじめ世界各国でファッションのアワードが様々用意されています。今回は、国内の最有力アワード「新人デザイナーファッション大賞」や世界最高峰レベル「イエール国際モード&写真フェスティバル」、超高額賞金が授与される「TOMODACHI-UNIQLO フェローシップ」など、新人・若手デザイナーにおすすめする有力ファッションアワード21選を紹介します。


<国内>

■TOMODACHI-UNIQLO フェローシップ

awardmatome0413-026.jpg


賞金1億8,000万円!米国へ留学するならビッグチャンス


 
公益財団法人米日カウンシルと在日米国大使館が主導する官民パートナーシップ「TOMODACHI イニシアチブ」とユニクロが協働してスタートしたプログラム。選出された複数名へは数多くあるファッションアワードの中でもダントツの賞金額、約1億8,000万円相当の留学費が用意されます。必須条件は米国のスタンフォード大学経営大学院、パーソンズ・ザ・ニュー・スクール・フォー・デザイン(大学院)、ニューヨーク州立ファッション工科大学、いずれかの3校へ入学が決定していること。2013年度には「Ryohei Kawanishi」と「ランドロード(LANDLORD)デザイナー川西遼平が支援枠に選ばれました。

主催:TOMODACHI イニシアチブ/ユニクロ
ジャンル:デザイナー/経営者
初開催年度:2013年
受賞者発表時期:9月(プログラムスタート時期)
賞金・報酬:最大160万米ドル(約1億8,000万円相当)を授業料と生活費を奨学金として支給
公式サイト

<過去の受賞者>
2013年度:川西遼平


■Tokyo 新人デザイナーファッション大賞

awardmatome0413-019.jpg


イッセイミヤケ宮前義之など輩出、アマチュア枠も用意


 1984年にオンワード樫山が創設した新人デザイナーを発掘するファッションコンテスト。これまでに、「
カラー(kolor)」の阿部潤一や「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」の宮前義之など数多くの著名デザイナーを輩出。学生を対象としたアマチュア部門に加えて、2011年には新たに若手デザイナーを対象としたプロ部門をスタートさせ、人材発掘・育成に注力しています。


主催:繊維ファッション産学協議会/東京都(プロ部門)
   東京ファッション・ビジネス活性化委員会
ジャンル:ファッション
初開催年度:1984年
募集時期:6月中旬 プロ部門(4月〜5月末)
受賞者発表時期:10月中旬 プロ部門(6月上旬)
賞金・報酬:
■アマチュア部門
大賞1名[賞状と賞金100万円]+[賞状(文部科学大臣賞)]+[東京・パリ往復航空券(エールフランス賞)]、 優秀賞1名[賞状と賞金30万円]、秀作賞5名[賞状と賞金10万円]、佳作18名[賞状]

■プロ部門
東京都知事賞1名[賞状]、東京都知事賞を含む入賞者10名程度[CREATORS TOKYOのメンバーとして支援を受けられる]

公式サイト

<過去の受賞者>
2015年度:岡村紗衣/水上誠二郎
2014年度:杉本知春/ジラワット タムロンギィフィコル
2013年度:大橋聖平/島村慎太郎

<その他関連記事>
インスタレーションの実施も、国内の注目デザイナーに会えるファッションイベント開催(2015年8月10日)
2015年新人デザイナーファッション大賞のプロ部門発表(2015年6月11日)
Tokyo 新人デザイナーファッション大賞のポスターがワンショーでメリット賞獲得(2015年6月1日)
シロマなど10組が新人デザイナーファッション大賞受賞 東コレで合同ショー開催(2014年6月14日)
ファッション大賞11ブランドが集結 阪急うめだで新作販売(2013年9月1日)
ドレスドアンドレスドやティート「新人デザイナーファッション大賞」選出(2013年6月11日)


■毎日ファッション大賞

awardmatome0413-022.jpg


受賞者は海外で活躍中!日本のトップデザイナーを決めるアワード


 毎日新聞社が創刊110周年を記念して創設した賞。年間を通じてファッション活動で優れた成果を上げた個人や団体を顕彰しています。第1回の大賞に選ばれた川久保玲をはじめ、三宅一生、高田賢三、山本耀司などが名を連ねる同アワードでは、会社を設立(商品を発売)して5年以内、またはコレクションを始めて5年以内のデザイナーを対象にした新人賞枠も設けられており、過去に「トーガ(TOGA)」の古田泰子や「アンリアレイジ(ANREALAGE)」の森永邦彦などが受賞。新人賞・資生堂奨励賞には、資生堂から奨励金100万円が贈られます。応募ではなく推薦形式のアワードのため、受賞するためには推薦委員の目に留まるかどうかが重要です。

主催:毎日新聞社
ジャンル:ファッション
初開催年度:1983年
受賞者発表時期:11月中旬
賞金・報酬:新人賞・資生堂奨励賞[株式会社資生堂から100万円]

※会社を設立して5年以内、コレクションを始めて5年以内が「新人」の条件。

公式サイト

<過去の受賞者>
2015年度:阿部千登勢「sacai」/森川マサノリ「CHRISTIAN DADA
2014年度:宮前義之「ISSEY MIYAKE」/黒河内真衣子「mame
2013年度:高橋盾「UNDERCOVER」/落合宏理「FACETASM

<その他関連記事>
sacai阿部千登勢が毎日ファッション大賞 2度目の大賞を受賞(2015年9月16日)
「これからも忠実(まめ)な物作りを」新人賞受賞mameが初のランウェイショー(2014年11月4日)
毎日ファッション大賞、イッセイミヤケ宮前やmame黒河内に栄冠(2014年9月20日)
アンダーカバー高橋盾が毎日ファッション大賞2度目の栄冠、山室一幸や落合宏理の受賞(2013年9月10日)


■装苑賞

awardmatome0413-024.jpg


国内最古の新人デザイナコンテスト、日本のモード界を牽引する者たちに続け!


 日本で初めて開催された歴史ある新人デザイナーコンテンスト。女性向けファッション雑誌「装苑」の創刊20周年を記念し、1956年に創設されました。これまでに高田賢三、山本寛斎、山本耀司など数々の著名デザイナーを輩出しています。

主催:文化学園
ジャンル:ファッション
初開催年度:1957年
応募時期:第1期 4月末〜5月末/第2期 8月末〜9月末
受賞者発表時期:翌年6月中旬
賞金・報酬:装苑賞[トロフィ・賞金100万円・協賛各社からの商品]、佳作1位と2位[トロフィ・賞金・協賛各社からの商品]

※服飾デザインを職業としていない、もしくは服飾デザインを職業としてから2年以内が条件。

公式サイト

<過去の受賞者>
2015年度:ケイツボミ
2014年度:大橋聖平
2013年度:桑原啓

<その他関連記事>
高田賢三、山本耀司、小篠順子...新人デザイナー賞の草分け「装苑賞」歴代作品展示(2013年7月1日)


■TOKYO FASHION AWARD

awardmatome0413-018.jpg


受賞者はパリでコレクション発表、東コレでのショー開催支援も


 2014年創設の東京で活動するデザイナーを世界へ輩出していくことを目的とスタートしたアワード。審査員は「現場で日々世界のファッションを見ている人たちを選ぶ」という考えから国内外の有力バイヤーを配しており、クリエイティブディレクターのニック・ウースター(Nick Wooster)や小木"Poggy"基史らが務めています。受賞者はパリファッションウィーク中に本事業単独のショールーム「showroom.tokyo」で、世界の有力なバイヤーとのビジネスマッチングの機会を得ることができます。


主催:東京都(東京ファッション・ビジネス活性化プロジェクトの一環)
   繊維ファッション産学協議会
ジャンル:ファッション
初開催年度:2014年
募集時期:6月上旬〜8月上旬
受賞者発表時期:10月中旬
賞金・報酬:受賞者6名[年間を通じた継続的な支援]
公式サイト

<過去の受賞者>
2016年度:橋本唯「ETHOSENS」/三浦進「AVALONE」/清水則之「Name.」/
      池内啓太・森美穂子「and wander」/大江健「Coohem」/下野宏明「WHIZ LIMITED
2015年度:柳川荒士(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)/山縣良和(writtenafterwards)/
    落合宏理「FACETASM」/DETTO K「D.TT.K」/藤田哲平「sulvam」/有働幸司「FACTOTUM

<その他関連記事>
東京デザイナー10組がパリ「showroom.tokyo」で新作発表へ 1月開催(2015年12月15日)
サリバンらが参加、「TOKYO FASHION AWARD」受賞者による凱旋イベント開催(2015年2月24日)
ファセッタズムやリトゥンがパリへ「TOKYO FASHION AWARD」がショールーム開設(2015年1月9日)


■DHL Designer Award

awardmatome0413-006.jpg


東コレといえばDHLアワード!お決まりの囲み取材にはメディアがぞろり


 DHL ジャパンと一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構が世界での活躍が期待される気鋭デザイナーに表彰する賞。年2回開催される「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO」に参加したデザイナーの中から選出され、過去には「クリスチャン ダダ(CHRISTIAN DADA)」や「ドレスドアンドレスド(DRESSEDUNDRESSED)」、「ウジョー(Ujoh)」などが受賞しています。

主催:DHL ジャパン
ジャンル:ファッション
初開催年度:2011年
受賞者発表時期:3月と10月
賞金・報酬:大賞[トロフィー・50万円相当の海外発送クレジット]
公式サイト

<過去の受賞者>
2016SS:今崎契助「PLASTICTOKYO
2015-16AW:西崎暢「Ujoh」
2015SS:大原由梨佳「IN-PROCESS


■ASIA AWARDS(ファッション部門)

awardmatome0413-002.jpg


海外からの挑戦者と勝負!小山薫堂などが組織委員会メンバー


 ファッション、ミュージック、デザイン、アートの4部門からなるヤングクリエイター展と、学校作品展の大枠2つが用意されているアワード。組織委員会には建築家 隈研吾やアートディレクター浅葉克己、放送作家 小山薫堂など各界で活躍するトップクリエイターが就任。学校展は海外の学校も参加します。

主催:TOKYO DESIGN WEEK株式会社
ジャンル:ファッション/ミュージック/デザイン/アート
初開催年度:2013年
応募時期:8月中旬
受賞者発表時期:11月上旬
賞金・報酬:グランプリ[賞金100万円(ヤングクリエーター展)・賞金50万円(学校作品展)]、セミグランプリ[賞金30万円(部門により異なる)]、企業賞[賞金10万円]

※30歳以下が条件。

公式サイト

<過去の受賞者>
2015年度:川澄研二/ヒロアキ タナカ
2014年度:ロハン・チャーブラ/村上亮太「TOKYO NEWAGE


HEP FIVE ORIGINAL FASHION CONTEST

awardmatome0413-027.jpg


関西発のコンテンスト、春夏ファッションで熱いバトルに挑め!


 1972年から開催されている春夏シーズンのウィメンズファッションに焦点を当てた国内コンテスト。応募者は専門学校に通う学生が多く、審査員は装苑の編集長や繊研新聞社の編集者、NPO法人ユニバーサルファッション協会名誉会長らが務めています。

主催:HEP FIVE
ジャンル:ファッション
初開催年度:1972年度
応募時期:9月上旬
受賞者発表時期:10月初旬
賞金・報酬:グランプリ1名[賞状・賞金100万円]、準グランプリ1名[賞状・賞金30万円]、ファイブ賞5名[賞状・賞金10万円]

<過去の受賞者>
2015年度:岩島彩希
2014年度:高 卓頴
2013年度:日野美穂


■神戸ファッションコンテスト

awardmatome0413-023.jpg


パリの学校へ行きたいならこれ!


 1973年の神戸ファッション都市宣言の翌年に創設されたコンテスト。「神戸から新しいファッションの提案」をテーマに掲げ、海外への登竜門としての歴史と実績を有しています。選出されたデザイナーには1年間の留学が支援され、各校で用意される人材育成を目的としたプログラムへの参加が可能となります。

主催:公益財団法人 神戸ファッション協会
ジャンル:ウィメンズウェア
初開催年度:1974年
募集時期:7月中旬
受賞者発表時期:12月上旬
賞金・報酬:留学校奨学生としての1年間の留学資格(パリ・クチュール組合学校/エスモード パリ/ノッティンガム芸術大学/アカデミア・コストゥーメ・エ・モーダ)
公式サイト

<過去の受賞者>
2015年度:橋七夏海/水上誠二郎
2014年度:浅野友行/椎尾絵里子
2013年度:大久保美彩/石神翔平

<その他関連記事>
有名校へ留学が賞 神戸ファッションコンテスト参加者募る(2011年5月6日)


■YKKファスニングアワード

awardmatome0413-021.jpg


受賞者にはYKK商品の提供も、学生のためのファッションアワード


 ファスナーやバックル・スナップ&ボタンなどの"ファスニング商品"にフォーカスしたアワード。服飾系学校の学生を対象にメンズ、ウィメンズ、キッズのアパレル部門と、バッグや靴、帽子、マフラー、アクセサリーなどのファッショングッズ部門の2つで構成され、ショー形式で披露・審査を行っています。

主催:YKKグループ
ジャンル:ファッション
初開催年度:2001年
募集時期:5月中旬
受賞者発表時期:10月上旬
賞金・報酬:グランプリ[賞金100万円・トロフィー・5万円相当の創作活動用YKKファスニング商品提供]、優秀賞[賞金20万円・トロフィー・5万円相当の創作活動用YKKファスニング商品提供]

※大学、短期大学、各種専門学校に就学中であることが条件。

公式サイト

<過去の受賞者>
2015年度:阿部光希/梅垣恵理
2014年度:安達千晶/石神翔平
2013年度:山本恵里子/加藤大樹


次のページは>>海外のファッションアワード

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング