Fashionfashiongeek

ファッションギークへの道 白シャツ編 -A.P.C.-

 モノ選びの達人を目指し、ファッションの定番をリサーチする「ファッションギークへの道」第2弾のテーマは「白の無地シャツ」。シルエットや着心地、透け感など、メンズのSサイズを基準に様々なブランドの定番白シャツをレビューします。vol.6は「アー・ペー・セー(A.P.C.)」。

Image by FASHIONSNAP
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

fashiongeek-apc-whiteshirt-052617-20170228_001.jpgzz-fashiongeek-whiteshirt-apc-05-26-17-20170228_004.jpg 1987年にフランスで創立された「アー・ペー・セー」は、今年の3月に創業30周年を記念した初のランウェイショーを実施。アー・ペー・セーと言えば「ニュースタンダード」などデニムが有名ですが、実はデニムは全て日本製の生地を使用しているそう。

zz-fashiongeek-whiteshirt-apc-05-26-17-20170307_012.jpgzz-fashiongeek-whiteshirt-apc-05-26-17-20170307_001.jpgzz-fashiongeek-whiteshirt-apc-05-26-17-20170307_013.jpgzz-fashiongeek-whiteshirt-apc-05-26-17-20170307_002.jpgzz-fashiongeek-whiteshirt-apc-05-26-17-20170307_014.jpg

 1枚20,520円の「オックスフォードシャツ」は、アー・ペー・セーらしいシンプルなデザインでボックスシルエットでバックプリーツがないのが特徴。寸法を測ったところ、着丈は71cm、身幅49cmと全体的に平均的な値でした。オックスフォードということで透けの心配は無く、*スケ透けレベルは「1」です。


*スケ透けレベル とは?
男性にとって白シャツ選びの重要ポイントでもある"透け感"を3段階で評価した独自指標
1 - 全く透けない / 2 - やや透ける / 3 - 結構透ける

zz-fashiongeek-whiteshirt-apc-05-26-17-20170307_011.jpgfashiongeek-whiteshirt-apc-tyakuyou052617.giffashiongeek-whiteshirt-chart01-05-2317.jpgfashiongeek-whiteshirt-apc-size-05-26-17.jpgfashiongeek-whiteshirt-chart21-05-2317.jpgFASHIONGeek-whitehshirt-nholly-howmuch-05-23-17.gif.pagespeed.ce.HNqOmdQiI5.giffashiongeek-whiteshirt-chart03-05-2317.jpgfashiongeek-whiteshirt-apc-where-05-26-17.jpgfashiongeek-whiteshirt-chart04-05-2317.jpg

zzz-fashiongeek-whiteshirt-apc-05-26-17-20170307_002.jpgzzz-fashiongeek-whiteshirt-apc-05-26-17-20170307_001.jpg

 第一ボタンを閉めた時に指がぴったり2本入るため、*フィット感は「ジャスト」とさせていただきます。Hanesの赤パックを着用して検証したところ、画像のようにリブが若干見える程度の開きでした。ボタンダウンでテールが緩やかなので、裾を出して着用するのもオススメです。「生産と創造の工房(Atelier de Production et de Creation)」というブランド名にこめられた思い通り、ベーシックな作りで着る人を選ばないシャツだと思います。

*フィット感とは?
第一ボタンを閉めた時、どれだけ首元にゆとりがあるかを3段階で評価した独自指標 ※首周り36cmの日本人男性の場合
タイト- 指2本で窮屈 / ジャスト - 指2本で少しゆとりがある / ルーズ-指3本入る

ファッションギークへの道 白シャツ編
vol.1 INDIVIDUALIZED SHIRTS
vol.2 無印良品
vol.3 MARGARET HOWELL
vol.4 N.HOOLYWOOD
vol.5 THOM BROWNE
vol.6 A.P.C.
vol.7 ENGINEERED GARMENTS WORKADAY
vol.8 PAUL SMITH
vol.9 Gap
vol.10 BEAMS PLUS
vol.11 TOMORROWLAND
vol.12 JIL SANDER
vol.13 Polo Ralph Lauren
vol.14 SOPHNET.
vol.15 THE
vol.16 SCYE BASICS
vol.17 KICS DOCUMENT.
vol.18 UNIQLO
vol.19 digawel4
vol.20 GUCCI
vol.21 visvim

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング