Fashionfashiongeek

ファッションギークへの道 白シャツ編 -UNIQLO-

 モノ選びの達人を目指し、ファッションの定番をリサーチする「ファッションギークへの道」第2弾のテーマは「白の無地シャツ」。シルエットや着心地、透け感など、メンズのSサイズを基準に様々なブランドの定番白シャツをレビューします。vol.18は「ユニクロ(UNIQLO)」。

Image by FASHIONSNAP
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

fashiongeek-uniqlo-shirt-20170303_001.jpgfashiongeek-uniqlo-shirt-20170303_004.jpg 日本を代表するSPA企業「ユニクロ」。今秋には「イネス・ド・ラ・フレサンジュ(INES DE LA FRESSANGE)」のコラボに待望のメンズコレクションが登場。また、「ジェイ ダブリュー アンダーソン(J.W. ANDERSON)」とのコラボコレクションを控えるなど、話題が尽きません。

fashiongeek-uniqlo-shirt-20170303_002.jpgfashiongeek-uniqlo-shirt-20170303_003.jpgfashiongeek-uniqlo-shirt-20170303_010.jpgfashiongeek-uniqlo-shirt-20170303_011.jpgwhiteshirt-02-zzzz-20170305_061.jpgwhiteshirt-02-zzzz-20170305_062.jpg

 2002年秋冬から展開しているユニクロの定番シャツ「ファインクロスストレッチスリムフィットオックスシャツ」は、洗濯をしてもシワになりにくい「イージーケア加工」が施されているためアイロンがけの時間が短縮できるのが最大のメリット。肩幅41.5cm、身幅45cmとかなり細身なシルエットですが、ストレッチ素材を使用しているため窮屈さは感じませんでした。超長綿を使用したコットン100%の生地は繊細で滑らかな生地感ですが、インナーがしっかり見えるほど透け感があるため*スケ透けレベルは「3」です。

*スケ透けレベル とは?
男性にとって白シャツ選びの重要ポイントでもある"透け感"を3段階で評価した独自指標
1 - 全く透けない / 2 - やや透ける / 3 - 結構透ける

fashiongeek-whiteshirt-uniqlo-06-02-17-20170303_001.jpg

fashiongeek-whiteshirt-uniqlo-tyakuyou-05-23-17-zzz.gif

sizechart-fashiongeek-whiteshirt-05-17-60z.jpgfashiongeek-whiteshirt-uniqlo-size-05-23-17.jpgfashiongeek-whiteshirt-chart21-05-2317.jpgfashiongeek-whiteshirt-howmuch-uniqlo-05-23017.giffashiongeek-whiteshirt-chart03-05-2317.jpgfashiongeek-whiteshirt-uniqlo-where-05-23-17.jpg

fashiongeek-whiteshirt-chart04-05-2317.jpg

fashiongeek-uniqlo-shirt-20170303_024.jpgfashiongeek-uniqlo-shirt-20170303_025.jpg

 第一ボタンを閉めたときは指が2本入るジャストサイズなので、*フィット感は「ジャスト」Hanesの赤パックを着用して検証したところ、画像のようにしっかりリブが見えました。また3cmの間に17針を入れる細かい縫製を採用し、襟、前立て、カフスのシワを軽減する仕様になっています。ビジネスシーンで使用する場合はVネックのインナーがオススメ。透け感が気になる人は、同ブランドの「エアリズムシームレスVネックT」のベージュを選びインナー透けを回避してもいいかもしれません。

*フィット感とは?
第一ボタンを閉めた時、どれだけ首元にゆとりがあるかを3段階で評価した独自指標 ※首周り36cmの日本人男性の場合
タイト- 指2本で窮屈 / ジャスト - 指2本で少しゆとりがある / ルーズ-指3本入る

ファッションギークへの道 白シャツ編
vol.1 INDIVIDUALIZED SHIRTS
vol.2 無印良品
vol.3 MARGARET HOWELL
vol.4 N.HOOLYWOOD
vol.5 THOM BROWNE
vol.6 A.P.C.
vol.7 ENGINEERED GARMENTS WORKADAY
vol.8 PAUL SMITH
vol.9 Gap
vol.10 BEAMS PLUS
vol.11 TOMORROWLAND
vol.12 JIL SANDER
vol.13 Polo Ralph Lauren
vol.14 SOPHNET.
vol.15 THE
vol.16 SCYE BASICS
vol.17 KICS DOCUMENT.
vol.18 UNIQLO
vol.19 digawel4
vol.20 GUCCI
vol.21 visvim

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング