Fashion ギークへの道

ファッションギークへの道 白T編 - HEAVY WEIGHT COLLECTIONS -

Image by: FASHIONSNAP

 モノ選びの達人を目指し、ファッションの定番をリサーチする新連載「ファッションギークへの道」。第1弾のテーマは、夏の定番アイテム「白の無地Tシャツ」。シルエットや着心地、透け感など、メンズのSサイズを基準に様々なブランドの定番白Tシャツをレビューします。vol.20は「ヘビーウェイトコレクションズ(HEAVY WEIGHT COLLECTIONS)」

 

HEAVYHEIGHT-Z-20160609_001.jpg

HEAVYHEIGHT-Z-20160615_002.jpg

1996年にカリフォルニア州サンクレメンテでJay Durkeeによって立ち上げられたTシャツブランド「ヘビーウェイトコレクションズ」。メイドインUSAを貫くブランドで、Tシャツはアメリカンコットン100%を使用したオリジナル生地で作られており、ビッグサイズのシルエットや伸びづらいリブが特徴です。

heavyweight-d.jpg

ブランド名の通りかなり肉厚な1枚。重さは273gと「ヘインズ(Hanes)」のレッド タグの2倍以上の重さがあり、1枚で着ても全く透けないためチク透けレベルは「1」。肩幅は56cmと肩が落ちるほどのビッグシルエットで、身幅も59cmと普段LサイズのTシャツを着る人もSサイズで十分なほど。肩幅、身幅の割に着丈が67cmと短いのも特徴です。ただし、ジャケットなどを上に羽織ると中でごわつくため、夏に一枚で着るのに適しています。

*チク透けレベル とは?
男性にとってTシャツ選びの重要ポイントでもある"乳首透け"を3段階で評価した独自指標
1 - 全く透けない / 2 - やや透ける / 3 - 結構透ける

T-SUKE-20160628_004.jpg

heavy.gifrTシャツサイズ.jpgTシャツサイズ首.jpgHEAVYWEIGHT-SIZEr.jpg

whitetshirt_price_heavyweight-R.jpg

whitetshirt_map_heavyweightr.jpg

afterwashing.jpg

HEAVYWEIGHT-AFTERWASH.jpg

HEAVYHEIGHT-D-20160704_003.jpg

HEAVYHEIGHT-D-20160704_006.jpg

洗濯後は縦横1cm縮み、クタリやねじれはありませんでした。ネックには弾性糸「スパンデックス」入りのしっかりしたリブを使ってるため、着用前とほとんど変わらない見た目通りタフなTシャツです。ただ、毛玉が若干できるのがマイナスポイントでした。

■ファッションギークへの道 白T編
vol.1 Hanes Red Tag
vol.2 FRUIT OF THE LOOM
vol.3 UNIQLO
vol.4 RED KAP
vol.5 PRADA
vol.6 anvil
vol.7 無印良品
vol.8 Hanes Blue Tag
vol.9 SUNSPEL
vol.10 Champion
vol.11 Supreme × Hanes
vol.12 FilMelange
vol.13 Healthknit
vol.14 JIL SANDER
vol.15 Hanes BEEFY
vol.16 ANATOMICA
vol.17 GILDAN
vol.18 COMME des GARÇONS SHIRT
vol.19 ACNE STUDIOS
vol.20 HEAVY WEIGHT COLLECTIONS
vol.21 United Athle
vol.22 Hanes Gold Tag
vol.23 VALENTINO
vol.24 Carhartt
vol.25 COTTON STAFF
vol.26 visvim
vol.27 Hanes T-SHIRTS Japan Fit
vol.28 CROSS STITCH
vol.29 Printstar
vol.30 ONEITA

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング