Fashion スタイル・トレンド

原宿ストリートで流行ったモノ - 2017 -

 原宿ストリートのトレンドを振り返る「原宿ストリートで流行ったモノ - 2017 -」。今年1年間で撮影したスナップを振り返り、原宿で流行ったキーワードを選出。若者の間で広く浸透したトレンドから、感度の高い原宿ファッショニスタの間で局地的に流行したものまで、7つのキーワードで2017年のファッショントレンドを紹介します。

 

AIR MAX 97

12-01-17-15-01-20171201_002-thumb-490xauto-781244.jpgKAIO

 2016年はスケータースタイルの影響で「ヴァンズ(VANS)」の「オールドスクール(OLD SKOOL)」や「オーセンティック(AUTHENTIC)」が流行しましたが、今年はボリューム感のあるハイテクスニーカーにシフト。なかでも、20周年のアニバーサリーイヤーを迎えた今年、限定モデルが多くリリースされた「AIR MAX97」に人気が集中しました。特にストリートで多く見かけたのは4月に復刻したオリジナルモデル「アンディフィーテッド(UNDEFEATED)」とのコラボシューズなど。

r12-20-17-SNAPMATOME-01.jpg

写真 左)Ryutaro、右)ヤジマ コウタ

IKEAの「FRAKTA」

12-20-17-SNAPMATOME-02.jpg写真 左)増田 京平、右)相羽瑠奈

 「オフ-ホワイト」のヴァージル・アブローとのコラボレーション発表など、今年ファッション業界に何かと話題をもたらした「イケア(IKEA)」。耐久性の良さや、大荷物を一つにまとめて運べる利便性から、一部のスタイリストの間では数年前から注目されていたイケアのバッグ「フラクタ(FRAKTA)」は、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」が2017年春夏コレクションで"FRAKTA風"のレザーバッグを発表した影響で街で利用者が急増しました。100円前後で購入できる手軽なトレンドのせいか、10〜20代の若年層にも取り入れられています。

「BALENCIAGA」ロゴ

jfw2017aw-day2-yuito-20170321_018-thumb-490xauto-678485.jpg平戸 厳

 「ケンゾー(KENZO)」や「アニエスベー(agnès b.)」など、毎年トレンドキーワードの常連にもなっている「ブランドロゴ」。2017年はデムナ・ヴァザリア率いる「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のロゴがストリートで市民権を得ました。今年のバレンシアガはキャップやマフラー、シューズといったアイテムから、ランウェイのカーペットに至るまでロゴを全面に打ち出しており、2017-18年秋冬コレクションでは政治家のバーニー・サンダースのキャンペーンロゴをモチーフにしたデザインでも話題になりました。2018年春夏コレクションからはゴシック体の新ブランドロゴに変更することが発表されていますが、SNS上では「前の方が良い」「Too much Vetements(=ヴェトモン過ぎる)」といった声も上がっているようです。

r12-20-17-SNAPMATOME-02.jpg

写真 左)カワグチ ジン、右)ソチェ

リフレクター

10-07-16-26-01-20161007_002-thumb-490xauto-634858.jpg小林 登志也

 ランニングウエアや自転車によく使われているリフレクター素材をファッションアイテムとして取り入れる若者が急増。「ナイキ エア ズーム スピリドン(NIKE AIR ZOOM SPIRIDON)」などリフレクター付きスニーカーが支持を得ましたが、中にはリフレクター付きのウエアを取り入れる上級者も見られました。

r12-20-17-SNAPMATOME-03.jpg

写真 左)金沢 佑起、右)Ayumu

サコッシュ

07-28-17-26-02-20170728_002-thumb-490xauto-756328.jpg守梶 光春

 ロードレースで補給食や水筒などを入れるのに使われることが多いサコッシュ。スマホや財布など小物を入れるのにちょうど良い大きさで、使い勝手の良さがストリートでも支持されました。ちなみに最近のストリートでは、サコッシュに並んでウエストポーチを身につける人も徐々に増えており、2018年も小さめバッグの人気が継続しそうです。

r12-20-17-SNAPMATOME-04.jpg

写真 左)NAMI、右)美麗

緑髪

09-29-16-68-01-20160929_003-thumb-490xauto-628133.jpgフジエ リサコ


 2014年のノームコアブーム以降、ヘアカラーは落ち着いた色が主流でしたが、今年は久しぶりに原色がトレンドに浮上。特に人気を集めたのは緑色でした。過去に流行した赤髪や青髪は、派手な髪色に対してコーディネートはシンプルにするのが鉄板でしたが、今年は服装も緑色の髪に負けないようなインパクトのあるスタイルに仕上げるのがポイントのようです。

r12-20-17-SNAPMATOME-05.jpg

写真 左)フジカワ ユウキ、中央)太田 晴也、右)Erina Makiya

坊主女子

01-05-17-26-01-20170320_023-thumb-490xauto-674660.jpgchiaki hatakeyama

 "坊主=男性のヘアスタイル"というイメージが強いですが、昨年から国内外の女性モデルの間で坊主スタイルが徐々に広がり始め、原宿で局地的なトレンドとなっています。ちなみに坊主女子の多くは、髪が少し伸びて短髪になると派手な色に染めて、ヘアカラーも楽しんでいるようです。

12-20-17-SNAPMATOME-07.jpg

写真 左)Emma Schwarz、中央)Wessberg、右)Sai

■ストリートスナップをもっと見る

■原宿ストリートで流行ったモノ
女子編 【2016年】【2015年】【2014年】【2013年
男子編 【2016年】【2015年】【2014年】【2013年

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング