Fashion Promotion

【連載】オーストラリアの旅で知る、サステナブルなモノづくり-ファッションディレクター 風間ゆみえ-

 ラグジュアリーハットブランド「ヘレンカミンスキー(HELEN KAMINSKI)」の歴史はラフィア素材のハット作りから始まった。ラフィア椰子の葉を加工した繊維で再生可能な天然素材だが、昨今同ブランドがラフィアに続くものとして着目しているのがウールだ。この秋冬はザ・ウールマーク・カンパニー(The Woolmark Company)に承認されたオーストラリアメリノウールのハットコレクションが新たに登場。最高品質のウルトラファインメリノウールを使用したハットはどのように生み出されているのか?それを紐解くべく、3人のファッションアイコンがオーストラリアの地を訪れた。2人目は、ファッションディレクターの風間ゆみえ。スタイリスト、ファッションディレクターとして、サステナブルなファッションを選ぶ理由とは? 

風間ゆみえ
1971年10月13生まれ。ファッション誌でのスタイリングをはじめ、ブランドのディレクションなどを手掛けるファッションディレクター。独自のファッションセンスやそのライフスタイルはタレントやモデルからの支持も厚く、「LADY IN RED」のほか複数の著書を持つ。近年では植物療法士としての活動をスタートし、セミナーやトークショーを積極的に行っている。

 

「日本だとサステナビリティってまさに流行語のよう。そのような意識の変化はいいことだけれど、サステナビリティがどういうことかを深く考える機会はまだまだ少ないと思う」

 仕事やプライベートで海外を訪れることが多い風間さん。サステナビリティについての正しい理解や考えは海外と比べ日本はまだまだだと感じているという。ドイツでは3代先、昔のインディアンの人たちは7代先への影響まで考えて行動してきた、ということを最近学んで自身の行動を見つめ直すきっかけになり、今回もヘレンカミンスキーが生まれたオーストラリアで、どのようなことを体験できるのか楽しみにしていたそうだ。

ファーム「Barunah Plains」にて

「羊から作られるウールのハットは、身に着けていても呼吸をしている、生きているというような感覚がある」

 スタイリストという仕事柄、ヘレンカミンスキーのラフィアのハットは馴染み深いアイテムだが、ウールハットを身につけるのは今回が初めて。旅を通じて、かぶっていても重さを感じない軽やかさに驚き、繊維の細かい最高品質のウールだからこそのアイテムだと実感したという。最近ではファッションのディレクションに加え、新たなライフワークとして取り組んでいる植物療法士の活動でも天然繊維と化学繊維の違いについて考えることがあり、自分のため、環境のために大切なことは何かと常々意識するようになったと話す。

ファーム「Barunah Plains」にて

「自分の先の世代まで考えると、どっちを選ぶべきかははっきりしている」

 地球規模の環境問題に対してどうアクションを起こせばいいか、答えが出ず無力さを感じていたという風間さん。ただ、ヘレンカミンスキーのように自然との共存をしっかりと考えているブランドの存在や、環境のことを考えた選択が重視される海外への旅を通じて少しずつ考え方が変わったという。植物療法士の活動でも、ただ植物から恵みをもらうのではなく、自然と共生することの意味から説明するようにしているそうだ。今回も羊や、その周りの自然と触れ合えたことは大きな経験だったと振り返った。

「サステナビリティって商業的に使われることが多いけれど、私たちが生きていく上で必要な考え方なんだと実感した」

 現在は神奈川県葉山に自宅を構え、海や山などの自然に囲まれた中で生活を送っている。普段から自然と触れ合うことができる環境に身を置くことで、以前よりも心に余裕を持つことができるようになったそうだ。今回自然から製品が生み出されるオーストラリアの地を訪れ、ヘレンカミンスキーの取り組みを知り、実際に目で見ることで、ファッションを通して伝えていけることはまだまだたくさんあると改めて感じた、と力強く語った。

ファーム「Barunah Plains」の作業風景

■着用ハット詳細
アイテム名:LETTA(1カット目で着用)
カラー:DARK RELIC
価格:税別3万8,000円

アイテム名:CARDI(縦のカットで着用)
カラー:DEEP INK/ GRANITE
価格:税別3万8,000円

■「HELEN KAMINSKI」プロフィール
オーストラリア発ラグジュアリーハットブランド「ヘレンカミンスキー」の創始者 ヘレン・マリー・カミンスキーは1983年に子供達のため、手作りのラフィアハットを作成しました。それから35年が経ち、ヘレンカミンスキーは素朴でシンプルかつ信頼性が認められるグローバルブランドへと成長。環境に配慮し、個々の価値観やスタイルを映し出す商品は、熟練された職人により一つ一つ丹精込められて作られています。1996年に日本初上陸し、2014年8月にHELEN KAMINSKI JAPAN CORPORATIONを設立。現在は東京ミッドタウン、GINZA SIXに直営店を展開しています。

■問い合わせ先
ヘレンカミンスキー ギンザシックス店
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 4階
電話番号:03-6264-5573

公式オンラインストア

【連載】オーストラリアの旅で知る、サステナブルなモノづくり
Vol.1:モデル 大屋夏南
Vol.3:BEAMS F ディレクター 西口修平

最新の関連記事

次の記事を探す

Ranking Top 10

アクセスランキング