iPadがおしゃれも変える

GUCCIのiPadケース (Image by: GUCCI)
GUCCIのiPadケース (Image by: GUCCI)
— ADの後に記事が続きます —

 iPadがファッションビジネスを変え始めた。iPadでの視聴を意識したランウェイショーを開くブランドが現れたほか、オンラインストアにもiPad対応サービスが登場。ファッション誌もiPad版を出している。iPad自体を美しく包む、ラグジュアリーブランドの専用カバーも人気を集めている。


 ファッションのオンラインストア「yoox.com(ユークス・ドットコム)」はiPad向けアプリ「YOOX.COM for iPad」を提供し始めた。iPadの大型精細ディスプレー用に表示がアジャストされていて、yoox.comでアイテムを探しやすい。日本語を含む6カ国語に対応しているので、日本からも使える。


 「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」はiPad専用ケース「Etui iPad(エテュイ・iPad)」を、日本でのiPad発売と同時に売り出した。モノグラム、ダミエ・グラフィットの2モデルがある。主張しすぎないスマートなデザインが他のiPodオーナーをうらやましがらせるステータス感を放つ。


 「GUCCI(グッチ)」はiPad専用ケースを発売する。クルーズコレクションで発表されたiPadケースはシグ二チャーデザインの「GG」ロゴに彩られたベージュ、ブラックの3モデル。モノグラムが配されたデザインはiPadに品格を寄り添わせる。
gucci_app_music.jpg
 「グッチ」はブランドのイメージを発信する上でもiPadを意識している。アプリ「Gucci App」はプレイリスト、ビデオ、ファッションショー、ニュース、イベントなどの最新情報を提供。ループ音源をミックスして自分のトラックを作れる機能もあり、ブランドの世界観を体験できる。このアプリはiPhoneやiPod touchでも読める。


 iPadはウェブ表現技術の「FLASH」に対応していない。大半のブランドサイトはダイナミックな表示にFLASHを用いているので、相性に難がある。しかし、バーバリーは、ミラノでの「BURBERRY PRORSUM(バーバリー・ プローサム)」2011年春夏メンズコレクションをライブ配信した。このストリーミングはiPadでも見られるように工夫されていた。しかもショーで発表されたばかりのアイテムを、予約・購入できるコンテンツ「RUNWAYTO REALITY」も提供した。


 電子ファッッション誌アプリの先陣を切ったのは、「VOGUE NIPPON」。iPhoneやiPod touchでも読める仕様だ。紙のコンテンツに加え、オリジナルの動画や画像も盛り込まれている。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング