【ミラノサローネ2015 レポ01】家具編〜テーマは「ストーリーテラー」

ミラノサローネ2015 家具編
ミラノサローネ2015 家具編

 ボンジョールノ! ヨーロッパも、ようやく青々しい新緑と希望に満ちた蕾に見舞われる季節となった。今年も、4月14日〜19日まで開催された春のデザイン祭典であるミラノサローネ国際家具見本市とデザインウィークを取材した。 (取材・文 Kaoru URATA)

 第54回サローネ国際家具見本市は、6日間の開催期間中、業界関係者30万人を超える動員数を記録した。その内の69%はイタリア以外からの外国人来場者であったということで、連日、ロー・フィエラミラノ会場に乗り入れる1号線のメトロは、ミラネーゼにとっては見慣れない海外からの来訪者の顔ぶれであったことは間違いない。筆者もその一人であった。

 会期中、毎日見本市会場に通っても、総面積34万m2に2106社とサローネサテリテ700人の出展者、さらに、市内のショールームやスペースでは、展示やオフ・イベントが350近く開催されているので、全てを隈なく取材することは不可能である。来年、行かれようと検討されている方々は、とにかく、体力勝負であること、頼りの友は、歩きやすい靴であることをお忘れなく。

 今年のサローネ国際家具見本市のテーマは、「ストーリーテラー(物語)」であった。各社がどんなストーリーを展開し、トレンドを導き出していくのか興味深い。 ここでは、月日を経ても記憶に残る、もしくは代々継承されていくであろうと思われる家具を厳選した。機械に代行することができない、人間の知恵と技法がしっかりと製品に適応されているプロセスの明確な内容である。物語は、商品が持ち合わせるだけではなく、それを使う人々が新たな物語を発信し続けていくのであろう。その将来性を、次世代がまた語り継いでいく。

■B&B Italia

商品開発に2年以上の月日とR&Dに投資したという椅子Charlotteは、アルミニウム構造で、座り心地の良いクッションを注入し皮で成形。構造に沿ったエッジ部分の皮のカットも見事な仕上げとなっている。技術と美学を追求した事例の一つである。皮のカラーバリエーションは全6色。アルミニウム構造は、マット、真鍮と光沢仕上げから選択できる。

milanosalone2015_u01_001.jpgB&B Italia デザイン:Antonio Citterio

平滑ではないガラスを用いた、テーブルOskarは、氷板が届けられたような新鮮さを覚える。 明確な意匠と卓越した技術が融合して誕生する。建築空間に、適度な緊張感を漂わせるプロポーションである。天板は、2サイズの長方形と正方形の大理石、木材、脚部は、木製無垢かラッカー仕上げから選べる。

milanosalone2015_u01_002.jpgmilanosalone2015_u01_003.jpgB&B Italia デザイン:Vincent Van Duysen

肘置きと背もたれのラインが、蝶の羽のように見えることからButterflyと命名されたアウトドアの腰掛けシリーズで、自由自在に組み合わせができる。B&B Italiaがアウトドア用品にテキスタイル素材を用いるのは初めてのことである。ローテーブルのアルミニウム構造をポリエチエレン繊維で巻いている。

milanosalone2015_u01_004.jpg



milanosalone2015_u01_005.jpg

B&B Italia デザイン:Patricia Urquiola

Fat-Sofaは、その名の通り丸みを帯びたボリューム感あるアウトドアのソファー。6パターンに展開し、背もたれの高さは2パターンから選べる。スツールともあわせられる。足を放り出しても、傾斜部分がサポートしてくれる。

milanosalone2015_u01_006.jpg

B&B Italia デザイン:Patricia Urquiola

■CASSINA

ミラノ北部のイゾーラ地区に、現在、建設中のイタリア銀行UniCreditパヴィリヨン。竣工は7月に予定されている。多目的空間となるパヴィリヨンのために、デザインされた298 (UniCredit Pavilion Project)が商品化される。映画監督の折り畳み椅子に影響を受けて、多目的で可変式な空間のニーズに応えた。ブナ材構造にステンレス製のメカニズムは、手で組み合わせている。張り地は、6種類から選択可能。

milanosalone2015_u01_007.jpg

CASSINA デザイン:Michele De Lucchi

1962年、シャルロット・ペリアンがリオ・デジャネイロの邸宅のためにデザインしたロー・テーブルの復刻版。直径の異なる弧を組み合わせた装飾的な一点である。

milanosalone2015_u01_008.jpgmilanosalone2015_u01_009.jpgCASSINA デザイン:Charlotte Perriand

次のページは>>イタリア家具のフレックスフォーム、カッペリーニ、リビング ディバーニの最新ファニチャー

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング