2018-19年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP

Fashion

「ミスター・ジェントルマン」が2年ぶりのショー、メンズウェアのベーシックを更新

2018-19年秋冬コレクション
2018-19年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP

 2年ぶりのショーで表現されたのは、更新していくベーシックウェア。オオスミタケシと吉井雄一が手掛けるメンズブランド「ミスター・ジェントルマン(MISTERGENTLEMAN)」が、2018−19年秋冬コレクションをランウェイ形式で発表した。「NO TALK IN THE TEST HOUSE」をテーマに、研究熱心でナーディーな男性像を表現したという。

 

gen-20180323_001.jpgcollage20180323.jpg

 テーマの通り、TEST HOUSE(研究室)のようなアトリエの様子を再現したという会場は、蛍光灯が青白く光る無機質な空間。ベーシックウェアの印象が強いブランドだが、ジャケットの上に重ねたプルオーバーやパンツのレイヤードなど、着回しやすいアイテムを用いながらも組み合わせの妙でオリジナリティを構成した。後ろ身頃が抜けていたり、片側だけのアームウォーマーやワークベストといったアンバランスなアイテム使いで実験的な遊びを取り入れながら、「ポストモダンクロージング」を追い求めている。

gentle-20180324_001.jpg

 またショーでは、「WAVE」というロゴがプリントされたスウェットやTシャツが登場したが、これらはオオスミタケシと吉井雄一の新プロジェクトの一環。現在の六本木ヒルズが位置する場所にあったレコードショップ「WAVE」の名を冠した新たな取り組みで、巴里屋が2018年にWAVEの商標権を獲得し、今回はその第1弾としてロゴ入りのトップスを披露した。今後はアパレルラインに留まらず、音楽レーベルやイベントなど様々なコンテンツに拡大していくという。

■MISTERGENTLEMAN:2018-19年秋冬コレクション全ルック
■東京ファッションウィークの最新情報:特設サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング