お買いモノ

朝食の定番に?人気急上昇の健康食「オートミール」のススメ

 朝食はパン派?ご飯派?なんてよく聞かれますが、我が家は昔から「オートミール」が食卓に並ぶことが日常でした。コロナ禍で常備できる健康食として注目を集め、品薄状態が続いたと聞き、ようやく日の目を浴びたオートミール。簡単に作れて栄養価たっぷり、食物繊維も豊富で、さらには腹持ちもいいと良いことづくし。常に自宅には数種類を常備している筆者が新たな朝のモーニングルーティンに取り入れてほしい「オートミール」の魅力をおすすめの食べ方と共に紹介します。

— ADの後に記事が続きます —

オートミールって?

 オーツ麦を脱穀し、調理しやすいように平たく加工したもの。お粥状にして牛乳を入れて食べるのが一般的です。イギリスやスコットランド、アイルランド、アメリカではお馴染みの朝食として食されています。

栄養素の高い健康食!

 オートミールは栄養価が高く、良質な植物性のタンパク質をはじめ、ビタミンB1ビタミンEマグネシウム鉄分のミネラルが豊富。そして食物繊維が多いことで知っている人も多いのでは?オートミールには「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」という2種類の食物繊維が豊富に含まれおり、水溶性食物繊維は血液中のコレステロールを低下させる効果があり、不溶性食物繊維は整腸作用にすぐれていると言われています。その他、値が低いほど太りにくいという食後の血糖値の上昇度を数値化したGI値が55とパン(91)や白米(84)、コーンフレーク(75)よりも低く、ダイエット時の食事やトレーニング食としても注目されているんです。

 海外メーカーが多い中、日本の日食が展開するオートミール。オーツの粒は薄く細かめなのでドロドロのお粥状にして食べたい方におすすめです。火にかける時間はメーカーによって様々ですがこちらは3分ほど。袋タイプもありますが、個人的にはレトロなデザインで味のある缶がお気に入り。

 オーガニックやベジタリアン食材を扱うアリサンのオートミールは粒が大きく厚みもあるので食感を楽しみたい人におすすめ。その分お鍋でコトコト、もしくは夜のうちに水や牛乳に浸して次の日そのまま、または煮て食べる「オーバーナイトオートミール」も試す価値ありです。

 さらに食感がほしいという方にはスティールカット(挽割り)がおすすめ。上記の2つは麦を蒸した後にローラーで潰した押麦状のものなのですが、スティールカットは粒を2つから3つにカットし、プチプチという噛みごたえのある粒感があるのが特徴です。その分調理時間が20分〜30分ほどかかりますが筆者はスティールカットとロールドオーツを混ぜて食感を楽しむ食べ方が好きです。時間のある週末に是非。

 スーパーで見かけことある人も多いのでは?ケンタッキーにカーネルおじさんがいるように、クエーカーにラリーおじさんあり。クエーカーはアメリカの老舗オートミールメーカーです。こちらは忙しい朝に嬉しいインスタントタイプ。レンジで1分半、もしくは熱湯を注いで混ぜるだけでも食べれちゃいます。メープル&ブラウンシュガーのほのかな甘みで便利な小分けなのでオフィスなどに持っていっても。海外のスーパーに行くと色々なフレーバーが出ていて筆者はお土産としてゲットすることもあります。

 ふっくら炊けたオートミールには牛乳をかけて食べるのが一般的ですが、最近色々な種類が発売されている"第3のミルク"を試してみるのも楽しいです。甘さは蜂蜜などで加えられるので豆乳は無調整がおすすめ。スッキリとした味わいです。

 アーモンドミルクは牛乳や豆乳と比べてもカロリーや糖質が低く、ビタミンEが豊富に含まれています。タンパク質がないのが難点ですが、オートミールと一緒に食べるとそこも補えちゃいますよ。無糖だと少しクセが強めなのですが、ココナッツブレンドは飲みやすくスーパーで見つけるとつい買ってしまう味。

 オーツ仲間というだけあってオーツミルクも相性抜群です。アーモンドミルクがナッツ系ならオーツミルクは穀物系。無糖でも自然な甘みがあり、クリーミーさも持ち合わせておりフォームも作れるほどでコーヒーとの相性も良いです。オートミールと食べることで栄養価も倍に。まだスーパではなかなか見かけませんが、今一番注目している第3のミルクです。

 バナナやイチゴなど生のフルーツももちろんですが、栄養価の高いドライフルーツもオートミールにぴったり。歯応えと甘みが増します。

 蜂蜜も合いますが、メープルシロップはコクがあるので無味なオートミールを味わい深くしてくれます。オートミールとドライフルーツ、メープルシロップがあればお家で手作りグラノーラが作れちゃいますよ。市販のものでは難しい甘さが調整できるのが嬉しいですね。

 オートミールはホーロー鍋でことこと、グツグツさせるとさらに雰囲気が出るんです。そう、持ち手は温もりのある木の素材。オートミールは火を消して3分ほど蒸すとさらにふっくら炊けるので蓋があるものが好ましいです。そのまま食卓に並べても問題なく、こちらのタイプはIHにも対応しています。

 いかがでしたでしょうか?オートミールは甘さの調節ができ、温かいミルクを注いでホットでも食べれるのがコーンフレークやグラノーラにはないおすすめポイント。今回はビギナー編で最もオーソドックスな食べ方での紹介でしたが、お米粥と同様、出汁などで和風に調理する上級者レシピも。また、オーツはグラノーラやクッキーなどのお菓子作りにも使えるので常備して色々な使い方を見つけてみてください!

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング