佐々木希(2019年秋冬コレクションの新作からワンピースとパンツを着用)
佐々木希(2019年秋冬コレクションの新作からワンピースとパンツを着用)
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

【インタビュー】佐々木希がデザインから生地までプロデュース、「アンティミテ」で提案するワンマイルウェアとは

佐々木希(2019年秋冬コレクションの新作からワンピースとパンツを着用)
佐々木希(2019年秋冬コレクションの新作からワンピースとパンツを着用)
Image by: FASHIONSNAP.COM

 佐々木希が「アンティミテ(iNtimité)」を2017年5月に立ち上げてから2年。オンラインで徐々にファンを集め、今秋にはポップアップストアの初出店が実現した。ブランドが提案するのは、ちょっとした買い物などで外出する際に着用できるワンマイルウェア。モデルや女優といった華々しい活動からヒントを得たという佐々木に、服作りへの思いを語ってもらった。

— ADの後に記事が続きます —

ーワンマイルウェアをメインに掲げるブランドは多くありませんが、立ち上げたきっかけは何だったのでしょうか?

 私自身がとにかくせっかちで、面倒臭がりなんです(笑)。服は大好きなんですけど、忙しい朝や休日にゆっくりしたい時にコーディネートを考えるのが面倒に思うことが結構あって。パパッと着られて、でもちゃんと可愛いものを着たい。その思いがワンマイルウェアというブランドのコンセプトに繋がりました。

ーブランド名の「アンティミテ」の由来は?

 アンティミテは、フランス語で「親密な」や「仲が良い」を意味する単語です。「着ている人に寄り添う」や「心地よくいられる服」といった思いを表現しました。

ー佐々木さんはプロデューサーとして、服作りにどのように携わっていますか?

 最終的にプロのデザイナーさんやパタンナーさんに商品になるように微調整してもらいますが、デザインはすべて私が案を出しています。生地選びもいろんな方から情報を聞いて、自分で探すようにしているんですよ。

―素材にもこだわっているんですね。

 私が敏感肌ということもあって、肌に優しい素材を取り入れるようにしています。肌当たりにもこだわって、生地だけではなく縫製も日本製に徹底しています。

ー立ち上げから約2年が経ちました。苦労した点は?

 立ち上げ時はデザインや生地選びなど、服の基本的なことがわからない状態だったので、スケジュール設定から卸まで考えるべきことが膨大でてんてこまいでした。

―モデルや女優業との両立も大変だったのではないでしょうか。

 そうですね。服作りの流れが把握できるようになった今も、移動中に浮かんだアイデアをすぐにメモに取って、あとで細かい部分を修正するというギリギリのスケジュールで進めています。ただ、自分がブランドに携わっていて楽しめなくなるほどにはしたくないので、デザインなどに行き詰まったらスタイリストの方や撮影クルーの方々に意見を聞いたりして、抱え込まないようにしています。

ーモデルや女優としての経験はデザインにも活かされている?

 もちろんです。現場では華やかな服もたくさん着ますが、だからこそ着ていて「リラックス」と「おしゃれ」が両立できる服って何だろうと考えられたのかもしれません。初めはリラックス感や着心地の良さを伝えたくてワンマイルウェアブランドとして発表してきましたが、最近は服作りを楽しめるようになってきて、柄物にも挑戦してみたり、私や周りの人が欲しいと思える"可愛いデザイン"を意識できるようになりました。私の欲張りな性格が出てきているのかも(笑)。

ー先日関係者向けに初めて新作の「お披露目会」を開きましたが、反響はどうでしたか?

 ファッション業界のプロの方々に見ていただける機会だったので正直緊張したのですが、「いい素材を使っている」や「思っていたよりも本格的」といった前向きなコメントをいただけたので嬉しかったです。シルエットの美しさや着心地の良さなど、まさにブランドで大切にしていることを感じ取ってくださった方もいたので、今後も精進しようと思いました。

ー実際に購入した人からの反響はSNSなどでチェックされるんですか?

 よく見ますね。着心地やデザインについての感想をチェックして、次回のコレクションに活かせるようにしています。

ー佐々木さんご自身はワンピースを合わせたスタイリングをインスタグラムに度々投稿していますね。

 ワンピースはお気に入りのアイテムなんです。ウエストの位置や絞り具合にこだわっていて、着た時にスタイルアップできるように追求しました。ワンピースは1枚でもスタイリングが完成しますが、レギンスやデニムを合わせるとまた違った印象にできるので、自分のSNSでは色んなスタイルを発信するようにしています。

ー今月は伊勢丹新宿店本館に初のポップアップストアを出店。初日には会場を訪れていましたね。感想はどうでしたか?

 今までオンラインのみでの販売でしたが、肌触りが良い素材にこだわっているので、実際に触って選んでもらえる機会をいただけて本当に嬉しかったです。シルエットもモデルの着用画像と実際に着てみるのとでは印象が違いますからね。

ー直営店の出店は考えていますか?

 今の所は考えていません。モデルや女優の仕事と同様にブランドも丁寧に続けたいので、両立できる範囲で全力を注いでいこうと思っています。

ーモデル、女優、ブランドプロデューサーと活動の幅を広げている佐々木さんにとってファッションとは?

 一番は「気持ちをつくるもの」でしょうか。女優の時は衣装によってより役に没頭できますし、プライベートでは素敵なデザインの服を着ると気持ちが上がるものが高まりますね。アンティミテの服ならリラックスできる。毎日着替えるものだからこそ、その日に合わせて気持ちを切り替えるスイッチになるものだなと思います。

ー最後に、ファッションを楽しむ秘訣について教えてください。

 人の目を気にせず自分の気持ちに寄り添った服を着ることですね。もちろん場面を選ぶかも知れないですけど、いつも自分が好きな服を着るのが一番楽しい。お気に入りの一着に色んな小物を合わせて新しいスタイリングを発見したり、自分にとってチャレンジングなアイテムも、着てみたら意外と似合うものが見つけられたりできるのもファッションの面白いところだなと思います。

(聞き手:平原麻菜実)

■iNtimité POP UP STORE『iNtimité~ Live in comfort~』
<名古屋栄三越>
期間:2019年9月25日(水)〜10月1日(火)
住所:愛知県名古屋市中区栄3-5-1
問い合わせ先:名古屋栄三越3階 リ・スタイルTOKYO 代表 052-252-1111(10:00〜19:30)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング