お買いモノ

自分磨きは思ったが吉日!3万円以下で揃うおすすめ美容家電

 自分磨きをしたい!と思い立ったら即行動するのが吉。あまり時間を置いてしまうとやる気はどんどんなくなってしまうもの。一方でサロンや、エステにはなかなか行けずじまいの昨今の状況に伴い、自宅でもセルフできる美容家電が人気を集めています。アンダー3万円で揃うセルフケアグッズで手軽に、自分磨きを初めてみませんか?

— ADの後に記事が続きます —

フェイシャルスチーマー

パナソニック スチーマー ナノケア コンパクトタイプ ピンク調 EH-SA37-P ¥23,731(税込み)

 ナノサイズのスチームが角質層まで浸透し、肌にうるおいとハリ感を与えます。スチーマーを使用したディープクレンジングをすると、毛穴の汚れもきれいに落とすことができます。

美顔器

パナソニック 美顔器 イオンエフェクター ¥21,800(税込)

 化粧品のビタミンCを角質層まで届けるブライトニングモードと保湿成分を角質層まで届けるリズム保湿モード、冷たいヘッドで肌をすっきり引き締めるクールモードの3つの機能が搭載されています。コンパクトで毎日使用でき、ひと月で肌質が変わったという声も。

ReFa(リファ) MTG ReFa CARAT FACE ¥15,978(税込)

 ひとつは持っておきたい美容ローラー。プロの手技「ニーディング」の複雑で高度な動きを再現し、深くつまみ流す動きで、ハリと艶のある引き締まった肌へと導きます。

 美ルル アクアルファ クラシック

 音波振動で水をミスト状にして、毛穴の汚れを吹き飛ばして落とします。 スクラブや毛穴パックより肌にやさしく角栓ケアをすることが可能です。肌のざらつきが気になるところにピーリングヘッドを当てると、落としきれていないファンデーションや角質で水が白く濁るかも!?イオン導出機能とパッティング機能がついてるのも嬉しいポイント。

 YA-MAN(ヤーマン) 美顔器 メディリフト

 印象年齢を決める顔の下半分に、医学的な見地からアプローチするウェアラブル美顔器。医療でも使われるメディカルシリコンでお肌を引き上げながら、独自波形のEMSで表情筋を刺激します。マスクを装着してスイッチを入れるだけの100%ハンズフリーなので「ながらケア」が出来ちゃいます。

ヘッドスパ

a

YA-MAN 電動頭皮ブラシ mysé ヘッドスパリフト ¥14,157(税込)

 頭皮と筋肉をググっとつかむことでもたつきがちな顔にもアプローチすることができます。さらにフェイス用アタッチメントに取り換えれば、フェイスラインのケアも可能です。もちろん、シャンプーだけでは落とし切れない頭皮の毛穴汚れにも。防水使用なのでお風呂場で使えます。

電動歯ブラシ

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション ¥18,864(税込)

 日本の歯科医、歯科衛生士の多くが使用しているというフィリップスの電動歯ブラシ。歯をキレイにするクリーンモードやホワイトニング効果のあるホワイトモード、歯垢を掻き出すディープクリーンモードなど5つの機能が搭載されています。電動歯ブラシで迷っているなら、他社製品とパワーが段違いなフィリップスが一押しです。

光脱毛機

フィリップス 光美容器 ルメア エッセンシャル ¥29,336 (税込)

 顔、脇、足、ビキニラインと全身に使用することができるフィリップスの光脱毛器。3万円以内でゲットできるコスパも魅力。現状の肌色に合わせて照射レベルを判別してくれるので自分で簡単に、かつ安全に脱毛ができちゃいます。夏に向けて持っておきたいアイテム。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング