Beauty Promotion

"美の競争"に終わりを、SK-Ⅱが石川佳純らオリンピックアスリートと共に#NOCOMPETITIONキャンペーンを展開

 東京2020オリンピックの公式スキンケアブランド「SK-Ⅱ」が、6組の世界的トップアスリートと共に新たなキャンペーン「#NOCOMPETITION」をスタート。「美は #競争ではない」という意味を込めた同キャンペーンでは、現代の多くの女性が望んでいない"美の競争"に日頃から晒されているということに着目し、アスリートたちのリアルな体験を通じて美のあり方を考える機会を提案しています。

— ADの後に記事が続きます —

 スポーツにおける競争は可能性を最大限に引き出すための大切な要素である一方、固定概念が作り出した美しさと自分とを比較したり、社会からの期待に応えようと振る舞いに制限をかけたり、多くの女性たちは望まない"競争"に様々な形で参加を強いられているとSK-Ⅱは主張。ストレスやプレッシャーをもたらし、自分らしく生きようとする女性たちの足かせになっている美しさに対する競争を取り払うよう呼びかけます。

 競争の美学に世界中の注目が集まる東京2020オリンピックが開催される今年スタートした「#NOCOMPETITION」キャンペーンでは、望まない"競争"を乗り越えた6組の女性アスリートを起用。競争ではなく女性たちが自分自身で美を定義した先に更なる美しさが存在するというメッセージを発信していきます。

 男女を通じ史上最多メダル獲得者の体操選手 シモーン・バイルス(Simone Biles)をはじめ、世界記録を持つ水泳選手 リウ・シアン(Liu Xiang)、オリンピックメダリストの卓球選手 石川佳純、金メダリストのバドミントンペア 髙橋礼華&松友美佐紀、東京2020オリンピックで公式種目に初採用されたサーフィンの選手 前田マヒナ、そして女子日本代表バレーボールチーム 火の鳥NIPPONの選手たちの6組のアスリートがキャンペーンに参加。最初の一歩として自身のSNSアカウントでそれぞれが自らの"競争"を乗り越えた経験を語ることで、「#NOCOMPETITION」キャンペーンはスタートしました。

【バドミントン選手 髙橋礼華のTwitter投稿】

【体操選手 シモーン・バイルスのTwitter投稿】

 SK-ⅡのグローバルCEOのサンディープ・セスは、ビューティーブランドやメディアなどの影響もあり、常に美の競争が存在していることを指摘。キャンペーンについて「#NOCOMPETITIONを通して、メッセージを世界中に発信し、大きなムーブメントを起こしていきたいと考えています。女性たちが望まない競争から抜け出し、プレッシャーによって自分の可能性を制限することなく、美しさのあり方を自分自身で決めることのできる一助になればと願っています」とコメントしています。

■「SK-Ⅱ」#NOCOMPETITIONキャンペーン
>>詳細はこちら

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング