お買いモノ

ちょっとの外出やおしゃれ部屋着にも 1枚でさらっと着られるサマーワンピース

 ちょっとした外出や家で過ごす休日など、パジャマだと気分が上がらないし、かといって着替えるのも面倒......そんな時にさらっと着られて楽ちんなのがワンピースです。定番のコットンワンピースから少しドレッシーなデザインのもの、柔らかな肌触りのニットワンピースまで、1枚でコーデが完成するこの夏着たいサマーワンピ12選。

— ADの後に記事が続きます —

<コットン>シャツやタオル地で涼やかワンピ

 「ジル サンダー(JIL SANDER)」のミディシャツワンピース。2020年リゾートコレクションからのアイテムで、吸水性に優れたコットンテリー素材を使用。ラフでありながらもカチッとした印象に仕上げてくれます。

 「セフィン(CEFINN)」からは、ハリのあるコットンポプリンを使用したストライプシャツワンピース。マリンモチーフをテーマにデザインされた、夏にぴったりの1着です。気分に合わせてサッシュベルトでウエストマークしてスタイルの変化を楽しんで。

 「モンクレール(MONCLER)」のアイボリーのワンピースは、コットンジャージー素材を使用。 ゆったりとしたボディに膝上丈のヘムフレアの切り替えとバックスタイルのリボンが、エフォートレスで女性らしい印象に。シンプルなサンダルと合わせてリラックスした着こなしがおすすめです。

 シャーベットイエローが柔らかな印象を与えるワンピースは、「マーレット(Merlette)」のもの。 ふんわりとボリュームのあるシルエットで、風通しの良い薄手のコットンを使用したティアードスタイルです。

 「マックスマーラ・ビーチウェア(Max Mara Beachwear)」からは、ペールブルーのシャツワンピース。シャーリングウエストからティアードスカートが広がる、エレガントな1着です。素材はコットンポプリンを使用。ペンダントネックレスをプラスして、オープンネックを引き立てて。

<ドレッシー>サテンやプリーツで上品に

 シルクサテンが光沢を放つ「レイ(RAEY)」のシンプルなブラックミディワンピース。細身ながらも程よいシルエットで、さらっと着れる1枚です。スニーカーと合わせてカジュアルなスタイルに。

 「ガニー(GANNI)」からは、スクエアネックのギンガムチェックワンピース。質感のあるコットンブレンドのシアサッカー素材を使用。肩紐部分が広めなのでブラ紐を気にすることなく着れるのも嬉しいポイントです。

 「プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ(PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE)」のグリーンワンピースは、軽くてシワにならず、水洗いも可能で、着心地だけでなくお手入れも楽ちん。ウエスト背面のドローストリングを絞ることで、シルエットを調整できます。

<ニット>肌触り◎レース編みニットも

 チャコットグレーのシンプルなニットワンピースは、「ルメール(LEMAIRE)」のアイテム。サイドにあしらわれたマザーオブパール(黒蝶貝)ボタンを留めることで、ウエストを絞ったシルエットに変化します。部屋にいるときはボタンを留めずにゆったりと、外出するときはウエストを絞ってスマートに、シーンに合わせて楽しめる1着です。

 「ローレン マヌーギアン(LAUREN MANOOGIAN)」からは、クリームカラーのミディワンピース。素材はアルパカとリネンを使用し、毛玉にもなりづらく、ふっくらと柔らかい肌触りです。ウエストにゆるやかなギャザーを施し、シンプルなスタイルを引き立てるカットオフエッジで仕上げられています。

 鮮やかなストライプ柄が目を引く「ケンゾー(KENZO)」のリブニットワンピース。バストやウエスト周りはタイト、ヒップから下にかけてはゆったりとしたデザインで、身体にフィットしてラインを綺麗に見せてくれるシルエットです。

 山形県の老舗ニットメーカーによる「コーヘン(COOHEM)」のレース編みニットワンピース。編地に高圧熱プレス加工を施すことで適度なハリが生まれ、清涼感のある着心地に。サイドスリット入りなので、雰囲気を変えたいときはパンツやスカートに重ねて着るのもおすすめです。様々な織り方で編み上げられたニットの異なる表情を楽しんで。

 何も考えなくても1枚羽織れば様々なシーンに使えるワンピース。デイリーウェアとしてはもちろん、お気に入りのサンダルやアクセサリー、バッグでグレードアップさせれば休日のお出かけやバケーションシーンにも。この夏の1枚を探してみては?

※表示価格は全て各サイトにおける販売価格を反映しています。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング