お買いモノ

宅飲みを存分に楽しみたい、一人でも自宅を"居酒屋化"するアイテム10選〈2020年5月版〉

 「オンライン飲み会」用のアプリが登場するなど、宅飲み需要が急増している昨今。その一方で「お酒は飲みたいけど家ではどうも気持ちが乗ってこない」なんて人も多いはず。そんな人のモチベーションをあげるべく、おつまみからドリンクメイクのアイテムまで、自宅を"居酒屋化"できる10品をご紹介します。時間も周囲も気にせず、飲みたいものと食べたいものを満たされるまで。宅飲みを存分に楽しみませんか?

— ADの後に記事が続きます —

目次
家でも美味しいお酒が飲みたい!
お酒が進むおつまみが食べたい!

家でも美味しいお酒が飲みたい

 お酒を飲むと言ったらジョッキのイメージが強いですが、薄めのグラスが好みの方におすすめしたいのが銅器ブランド「食楽工房」 の極みの銅製ビアカップ。日本の職人によって古くから受け継ぐ伝統製法と最新技術を駆使して作られたこちらのカップは、熱伝導性に優れ、手に伝わる清涼感は格別です。飲み頃の冷たさを長くキープし、自宅のビールを本場の味へと劇的に変えてくれる究極の器。ビールはもちろんカクテルを楽しみたいときにもぴったりです。

 おいしくお酒を飲みたいということでまずはジョッキから。こちらは保冷の基本である真空断熱構造に加え、保冷剤層が入った真空冷却3層構造のタンブラーです。冷凍庫で凍らせた本体に飲み物を注ぐだけで、飲み物の温度が急降下。冷蔵庫から出したての飲み物を注ぐと最速約30秒で氷点下まで冷やし、その冷たさをキープしてくれます。常温の飲み物でもキンキンの冷たさに。

THERMOS 二重アイスペール¥1,878

 氷を何度も取りに行くのって地味に面倒。サーモスのアイスペールは最高級の保冷力を誇る優れモノ。これがあれば長時間氷が解けないので、映画を何度も一時停止して席を立つ必要もありません。一度お試しあれ。

 バーなどで使われているあれです。家で割りものを作る時に気になるのはやはり濃さがバラバラになってしまうこと。これがあれば一定の量を入れることができます。自分だけの黄金比見つけてみてください。

 宅飲みで重視したいポイントの一つとしてあるのがコスパ。筆者もそうですが飲兵衛であれば「どうせ飲むなら.....」と業務用ペットボトルで買う人も多いはず。この「一押しくん」ならそのままペットボトルに装着できて、ワンプッシュで30ml、半プッシュで15mlと定量を注ぐことができます。重いボトルをわざわざ持ち上げなくて良いのもポイントです。ただついつい飲み過ぎてしまうので、注意が必要です!

 ホッピーの瓶があるだけで、急に居酒屋感が出ませんか?宅飲みモチベーションが上がるアイテムとしてオススメです。オンライン飲み会中にこの瓶が出てきたら相手の興味を引くこと間違いなし。

 ここまで注ぐ系でオススメしてきましたが、面倒だから缶のまま飲みたいという人もいますよね。そんな人にオススメしたいのが、抜群の耐久性・保冷力でプロのハンターやフィッシャーから厚い信頼を得ているクーラーブランド「イエティ(YETI)」の缶ホルダー。機能性はもちろんのこと、何よりデザインがかっこいいです。少し値段は張りますが、見た目にもこだわりたい人にオススメ。

お酒が進むおつまみが食べたい

 カセットコンロはかさばるし、見た目も生活感が出すぎる。そんなあなたにオススメです。コンパクトに折りたためるので場所を取らないですし、たたんで置いたらそれがバーナーだとは分からないほどのスタイリッシュさ。これを使って一人鍋をやるも良し、アヒージョを作るも良し、缶詰温めるも良し。

いなば チキンとタイカレー 24個 ¥3,690

 バーナーで温める缶詰で、オススメしたいのが「いなば チキンとタイカレー」シリーズのグリーン。缶詰なのにタイ料理に欠かせないハーブも入っていて本格的な味を楽しめます。バーナーに網をセットして缶詰を温めつつ隣でバケットを焼き、ディップして食べるのが最高に美味しい!グリーンの他にもレッド、イエロー、バターチキンがあるのでお好みの味を見つけてみてください。

 ワンランク上のおつまみを求めるあなたにオススメしたいのがスモーカー。市販のプロセスチーズやゆで卵もスモークするだけで違った味わいが楽しめます。こちらはコンパクトなので家庭用のコンロでできます。オススメは「燻製醤油」。昨日まで食べていたなんでもない醤油も一気に高級感が出ます。本当に万能で、どんな料理に使っても美味しさが倍増しますよ。

 赤提灯系の居酒屋好きの筆者として外せないおつまみが焼き鳥。肉が串に刺さって焼かれているだけでなぜあんなにもおいしく感じるのか。できたものを買ってくるのも良いですが、一度自分で作って職人気分味わってみませんか?

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング